ドラマ

グランメゾン東京犯人が玉森(祥平)と判明?玉森(祥平)が寝返る!?

グランメゾン東京 5話 動画

ドラマ「グランメゾン東京」。ストーリーの鍵を握る「ナッツ混合事故」。第5話ではその真犯人が分かり大きな盛り上がりを見せています。犯人が玉森(祥平)と判明!玉森(祥平)が寝返る!?ネタバレですべて見せます!

グランメゾン東京ナッツ混入事故犯人ネタバレ!ナッツ混入事件の詳細

第5話で玉森裕太さん演じる平古祥平がナッツ混入事故の犯人は自分だということが分かりました。そもそも、ナッツ混入事故とはどういったことなのでしょう。それは、木村拓哉さん演じる三つ星を目指すフレンチの敏腕シェフがその夢を絶たれ表舞台から姿を消すことになる重要な出来事です。

ドラマが始まる鈴木京香さん演じる早見倫子と木村拓哉さん演じる尾花夏樹が出会った3年前に起こりました。事前に聞いていたにも関わらずナッツのアレルギーがある客にナッツが混入された食事を出してしまったのです。それだけでも大事件なのに日仏首脳会談の席で倒れたのはフランスの外務大臣。

順調に三つ星を目指していた「エスコフィユ」のシェフ尾花は天から地の底へ一直線。追い払われるように姿を消します。そして謎も残ります。尾花はあれほど注意していたのにナッツが混入してしまったのはなぜ。ミスだったのか罠だったのか。罠だとしたら誰が。このようにナッツ混入事故はストーリーの鍵を握る大きな出来事なのです。

グランメゾン東京ナッツ混入事件の犯人は玉森(祥平)と判明!

第5話でさらに明らかになっていくナッツ混合事故。玉森裕太さん演じる平古祥平の罪の告白によって犯人が判明しました。番組終了直後から視聴者たちは騒然としさまざまな意見が飛び出しました。

「もう犯人が?あっさりで驚き」「まさかの平古」「犯人が祥平だったなんてショック」「平古はノーマークだった」「祥平も騙されたのでは」「ほかに黒幕がいるはず」などなど。ドラマ開始から大きな鍵として描かれているナッツ混入事故だけにさすがの盛り上がりようですね。ほかに黒幕がいるはずという意見もあるようにこれで終わりという感じもなきにしもあらず。さらなる展開があるかも。

ドラマグランメゾン東京はただの料理ドラマではありません。仲間と共に三ツ星レストランを目指す大人の青春サクセスストーリーだけでもありません。このような謎解き要素もしっかりと楽しめます。ドラマグランメゾン東京は秋ドラマ視聴率ランキングでドクターX、相棒に続き第3位をマークしています。さまざまな要素を楽しめる当作品が好調なのも納得ですね。

グランメゾン東京犯人の玉森(祥平)が語った事故の真相

玉森裕太さん演じる平古祥平は事故の真相についてどのように語ったのでしょうか。当時、レストランエスフィコで、平古は今日の大切なお客様のアレルギーがあるナッツを厨房内の目につかないところへしまうよう指示を受けました。

責任感のある有能なシェフである平古はきちんと指示通りにし戸棚へしまいますが、あろうことかナッツオイルの存在を見落としてしまったのです。さらにまずいことに、そのナッツオイルをそのお客様への料理に使ってしまい。事件のあと、その料理を口にした尾花が「これは自分のレシピじゃない」とつぶやいたのを見て平古は自分の失敗に気づきました。

ですがその場で伝えることができず心のうちにしまってしましたが、それからは苦渋の日々を送っていたようです。この事故のことでまたピンチに陥った尾花を目の当たりにし、次こそは尾花のレストラン、グランメゾン東京をなくしてはいけないと平古は公表することを決めます。先にそれを伝えた丹後に料理人の人生が終わってしまうと止められても決意の強さは変わりませんでした。

そして、名乗り出ようとしたその時、尾花がそれをさえぎります。エスフィコ時代に平古が作ったまかないに救われたことを話し、料理人をやめてはいけないと続けます。尾花の優しさとその言葉に平古は涙を流しました。ですが、その後、なんと平古はgakuのスタッフとして尾花の前に現れます。視聴者も衝撃を受けたところで第6話に続きます。

グランメゾン東京(ネタバレ )ナッツ混入事件おさらい

ここではナッツ混入事故について時系列で詳しく説明していきます。ドラマの舞台から3年前の出来事です。パリでの尾花のレストラン「エスコフィユ」で起こりました。当時二つ星を獲得し名シェフとして賞賛されていた尾花。

この日は日仏首脳会談の昼食会で重要なゲスト達が招かれ、そのなかの1人である フランス外務大臣はナッツアレルギーを持っていました。事前に知らされていた尾花は慎重に行動しナッツは早々にキッチンから戸棚にしまわれました。

その時指示を受けナッツを戸棚にしまったのは平古です。そして料理の準備が始まります。ウニ料理担当のシェフが自分の指示とは違う方法で調理をしていることに気がついた尾花はそのシェフを追い払い、自分で新しく作り始めます。

平古にウニを持ってくるように指示し、尾花と平古がウニの殻処理をはじめその後外国人シェフがそれに加わります。その処理を平古とその外国人シェフに任せて次に尾花はソース作りに取りかかります。その時、コンロにかけたソースの隣で作業をしていたのは相沢で途中尾花にソースの材料を手渡します。

事件当日、丹後はレストランにはいませんでした。そしてそのウニ料理を食べたあと外務大臣が倒れたのです。

グランメゾン東京(ネタバレ )ナッツ混入事故に関わる人物たち

ナッツ混入事故のあと尾花は店を追われ名シェフの座も失いました。ほかのスタッフたちはどうだったのでしょう。事故当時と事故の後尾花と再会するまでを調べてみました。見習いとしてエスコフィユにいた平古は、事故のあと日本に戻り最年少で一流ホテルの料理長になりました。

大物政治家の娘、蛯名美優と交際中で結婚の約束もしているようです。すでにパリで評判の料理人だった相沢は修業中の尾花と出会いお互いの腕を認め合いました。のちに尾花の誘いを受けエスコフィユのスタッフになり共に3ツ星を目指します。事故のあと、相沢の妻は娘をおいたまま失踪してしまいます。

父子家庭で多忙を極めるシェフを続けるのは難しいと、母のいる日本に戻る。母と娘と暮らしながら家にいながらできる仕事とWEB上で活躍する人気料理研究家として日本でも活躍していました。丹後はパリの修行時代から尾花と一緒で腕を競い合うライバル同士でした。

パリでは尾花より先に独立を果たしますがなかなか評価を得られず、後から開店した尾花に追い越され二つ星を獲得されてしまいます。その後東京で「gaku」を開店し二つ星を取りました。

グランメゾン東京出演者は現実でも先輩・後輩関係。木村拓哉と玉森裕太

尾花演じる木村拓哉さんと平古演じる玉森裕太さんは同じジャニーズ事務所に所属しており、お二人ともアイドル歌手としても活躍をしています。

大先輩の木村拓哉さんとの共演に玉森裕太さんは「歌番組でご一緒させていただいたことはありましたし、以前ご挨拶させていただいたりもしましたがちゃんとご一緒するのは本当に初めてです」 「小さい頃から拝見してきたので、“カリスマ”のイメージがあります。尊敬する先輩です。 共演が決まって嬉しいですね。こうやって3か月、長い時間をかけてお仕事するのが初めてなので、ご一緒させていただくのは、本当にいい経験になると思っています」と意気込みを語っています。

玉森裕太プロフィール

玉森 裕太 たまもり ゆうた
1990年3月17日生まれ
歌手、俳優、タレント
東京都出身
ジャニーズ事務所所属
男性人気アイドルグループ Kis-My-Ft2のメンバー

まとめ

gakuのスタッフとして現れた平子に動揺する倫子たちに反して「面白くなってきたじゃん」と笑みを浮かべた尾花。この衝撃に視聴者も動揺を隠せません。あの感動を返せとの声も上がったほどでした。これから2人の関係はどうなっていくのでしょうか。次回が楽しみでなりません。引き続き見守っていきたいです。