ドラマ

グランメゾン東京柿谷さんいつからメンバーになった?柿谷怪しすぎ!

グランメゾン東京 5話 動画

ますます盛り上がりをみせるドラマ「グランメゾン東京」。初回から2桁の視聴率をキープ。第4話では13.3%と番組内最高を更新しました。そしてある登場人物にも注目が集まっています。柿谷さんいつからメンバーになった?柿谷怪しすぎ!柿谷さんとはどんな人物なのでしょう。重要な存在になりそうですね。今回は柿谷さんについてみっちり取り上げてみました。

柿谷はグランメゾン東京の部門シェフ

柿谷さんの背景を調べてみました。柿谷さんはグランメゾン東京の部門シェフです。部門シェフとはどんな役割なのでしょうか。大規模のレストランでは料理の種類や調理法によって担当の料理人がいます。前菜・肉料理・魚料理などの部門に分けられ、それぞれに専門の料理人がつきます。その料理人たちを各部門ごとに取りまとめるのが部門シェフです。

料理人たちは部門シェフの指示を受けながら調理を行います。料理の腕はもちろん信頼がないと任せられないポジションですね。柿谷さんは魚料理の部門シェフです。そのあたりを認められたからこのポジションにいるはずです。責任のある立場で実力も信頼もあるシェフである柿谷さんが怪しいと言われてしまうのはどうしてか。ますます気になりますね。

調理の途中に姿を消す!柿谷の突然の裏切り

プレオープンの席でコース料理の6品目を出したあと柿谷さんは突然の裏切りに出ます。7品目は柿谷さんが部門シェフを務める魚料理。ウニを出すように指示が出されますが、柿谷さんの姿はすでになく。

さらに困ったことにウニの下処理もできていないまま。当然、予期せぬ料理が出せない事態に陥った店内は大きなダメージを受けてしまいます。ドラマ内ではなんとかピンチを切り抜けて事なきを得ましたが、現実ではありえないほどの行為ではないでしょうか。それほどの裏切り行為をして姿を消した柿谷さん。よほどの事情がありそうですね。

柿谷さんっていつからいた?気がつけば裏切り者に

このような突然の裏切り行為だけでも驚かされましたが、視聴者の間ではそれだけではなく、そもそも柿谷って誰?、やらかして初めて存在に気づいた、いつからいたの?と柿谷の存在について大きなざわつきがありました。

この視聴者が感じた、気にかけていなかった怪しくもなかった1シェフが突然の裏切り行為をする驚きは、信用していたはずのシェフに突然裏切られたグランメゾン東京のスタッフ達の驚きとリンクし共感度が増すほどです。そもそも柿谷はいつからいたのでしょう。柿谷は第3話の終盤から登場していました。

ジビエ料理対決が一段落し相沢さんが加わった際に一緒にメンバー入りしたようです。紹介するシーンやセリフもなくいつのまにかメンバー入りしている状態。その後もメインスタッフの影でもくもくと作業しているシェフ様子でしたので気がつかなかった人も多かったかもしれません。その後第4話でプレオープン直前に尾花さんがメニュー変更をすると言い出した時に、時間も人手も足りないのに不可能だと反対します。

この時が初めて言葉を発した時で同時に新スタッフの部門シェフだと紹介もされます。その後は特に怪しい動きがあるわけでもありません。からの、突然の裏切り!それはみなが驚くはずですね。この調理の途中でいなくなる裏切り行為は失敗に終わりましたが、それだけでは終わりません。次は芹田さんをスパイにさせるようはたらきます。

柿谷さんは尾花さんのライバル店レストランgakuのオーナーである江藤さんのスパイだったのです。裏切り行為も江藤さんの指示でした。腕もあるシェフなのにどうして裏切り行為をしているのでしょう。なにか訳もありそうですね。今後の展開に目が離せませんね。

好調なグランメゾン東京。視聴者の感想と見どころ

期待以上だったという声が多く、豪華な料理が毎回登場し、謎解き要素もありながら成功への道のりを追うストーリー、それぞれの登場人物も存在感があり人間模様も目が離せない、と見どころたくさんです。料理が本格的で夕食を食べたあとなのにお腹がすく、フランス料理は目でも楽しめる、食材や調理など勉強にもなる、と料理だけでも大絶賛です。

それもそのはず、ドラマグランメゾン東京は、パリの有名三つ星レストラン「ランブロワジー(L’Ambroisie)」でクランクイン。「ランブロワジー」でドラマ撮影が行われるのは世界初なのです。パリのレストランが舞台、しかも世界初なんてすごいですね。

三ツ星レストランを目指して奮起するシェフたちについても、目標に向かって進んでいくのが見ていて楽しい、一緒に一喜一憂し応援している、自分も月曜日から頑張ろうと思える、など勇気づけられている様子も伺えます。

そして、一度どん底を知っている尾花の言動が深い、尾花の過去の失敗の真相が気になる、江藤と柿谷が謎すぎる、とただのサクセスストーリーではないところも支持されています。公式から挫折した男がもう一度夢に向かう「大人の青春」 をかけたヒューマンストーリーと紹介されているように、社会で活躍中の大人世代からの人気が高いようです。

柿谷を演じるイケメン俳優

今回話題になった今後も重要な存在になりそうな柿谷光を演じているのは大貫勇輔さんです。最近ではドラマルパンの娘での円城役が記憶に新しいのではないでしょうか。落ち着きのある涼しげな表情とすらりとしたスタイルが印象的な俳優さんです。現在31歳でデビューしたばかりの俳優さんではありません。

こんなに素敵なイケメンなのに今までどこに埋もれていたの?と不思議に思う方もいるかもしれません。大貫勇輔さんは、ダンサーと俳優を職業としており、プロダンサーとしての活動や舞台での活躍が多く、そのせいでテレビでお目にかかる機会が少なかったと思われます。ルパンの娘のほか、石原さとみさん主演のドラマ高嶺の花にも出演されていました。

ドラマ高嶺の花では華道家を演じて品と色気のある存在や和服姿が話題になりました。ほかにもいろいろな役どころが見てみたいです。これからテレビで見る機会が増えるといいですね。

グランメゾン東京に登場する豪華キャスト

主演の木村拓哉さんはもちろんのこと、豪華キャスト揃いです。相手役に鈴木京香さん。木村拓哉さんとは二度目の共演。見る方を安心させる安定の演技力です。

ジャニーズ事務所若手から玉森裕太さん、冨永愛さん、中村アンさんの魅力に加え、及川光博さん、沢村一輝さんがしっかり脇をかためています。各話に登場する春風亭昇太さん、椿鬼奴さんなど多彩なゲストにも注目です。

大貫勇輔のプロフィール

ダンサー・俳優
1988年8月31日生まれ
神奈川県出身
身長180cm
特技 アクロバット
趣味  旅行・映画鑑賞
ホリプロ所属
略歴
7歳より母の経営するスタジオでダンスを始める。 祖父は体操のオリンピック強化選手、母や伯母も元体操選手という生粋のサラブレッド。 17歳よりプロダンサーとして数々の作品に出演。バレエ・ジャズ・コンテンポラリー・モダン・ストリート(ブレイク・ポップ・ハウス・ロッキング・ヒップホップ)アクロバット等多岐に渡るジャンルのダンスを踊りこなす。

まとめ

知らず知らずのうちにメンバーに加わり印象が薄かったはずのキャストが突然の裏切り!それだけではない楽しみ方もたくさん。期待以上と言われている評価の高さに納得しました。美しい料理を目で楽しみながら、あらゆる人間ドラマにハラハラし、共に成長するような気持ちで三ツ星レストランへの道を応援していきたいです。