ドラマ

グランメゾン東京(ネタバレ)ナッツ混入の真相は?アレルギーあることは知っていた

グランメゾン東京 5話 動画

2019年10月20日、TBS系で夜21時から始まったグランメゾン東京です。毎週日曜日の夜、当初から話題作として人気を博しています。グランメゾン東京で起こったナッツ混入事件の真相や、アレルギーがあることは知られていたのかについて触れてみましょう。

実際にその事件を見たいかたはこちらから↓

グランメゾン東京のナッツ事件とは?

https://platform.twitter.com/widgets.js

パリで行われた日本とフランスの官僚が食べたウニの料理に、ナッツオイルが混入していたことから始めった事件です。事前にナッツオイルは棚に閉まってあったにも関わらず、倒れたのは大統領。

グランメゾン東京では元より他の料理人が作った内容がよくなかったことで、作り直した前菜に問題があったのです。大統領はアナフィラキシーショックが原因という惨事が起こります。

仲間があえて混入させたと疑われたことで殴打事件に発展。側近を殴り逮捕されますが、周りでは自分の料理にケチをつけらたからと悪評が流れます。官僚たちの集まりとは日仏首脳会議の場だったことで、日本でも報道がされたのです。

ナッツオイルを触った手でウニに触れたとは考えにくい状況。ニュースは広がり、仲間からも嫌われてしまい、フランスでも仕事はできません。意図的に混入されたのか、知らずにだったのか謎が深まる中、ナッツ混入事件に犯人がいるはずですが誰なのでしょうか。

グランメゾン東京のネタバレ!ナッツ混入事件の真相に迫る!

料理人なら食事を作る際は手を洗うのが常識ではないでしょうか。また料理を作るならある程度、アレルギーの知識があって当然です。好き嫌いはもちろん、大統領でなくてもナッツ混入にはアレルギーが関わることは知っていて当然ではないでしょうか。

グランメゾン東京についてネットでも犯人は誰なのか囁かれていますが、真相はどこにあるのか迫ってみましょう。まずここで本当にナッツが混入されていたのかについてになります。調理の前にウニの前菜が登場しますが、木村拓哉さん演じる尾花夏樹が犯人でないことは明らかです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

大統領が他の発作で倒れたことはあり得ないでしょう。側近が犯人であれば、調理の際にそこにいることは誰もが明白に分かることです。そもそも、大統領にアレルギーがあることは側近が明らかにしているはず。

一緒にいた仲間、ライバル視していた同業者、実は仲が良かった人物、考えられる節はいくらでもあります。アナフィラキシーショックを受けたことから、ナッツの混入は本当ではないでしょうか。

内容が納得できない、とされた人物の可能性も否定はできません。ただし、そんなあからさまな犯行に及ぶかは疑問が残ります。尾花夏樹を陥れるためにナッツオイルを混入させたことは、確かではないでしょうか。

グランメゾン東京のネタバレ!アレルギーがあることは知っていた!

https://platform.twitter.com/widgets.js

尾花夏樹がナッツオイルにアレルギーがあることは、事前に知っていたでしょう。同業者であれば、その危険性も察知できるはずです。知りつつ混入させたのであれば、暗殺未遂と疑われても仕方ありません。

グランメゾン東京では、そんな危険を冒してでもナッツ混入をしたのでしょうか。調理に不満を持たせるために事件を犯すには危険が伴い過ぎます。尾花夏樹を陥れるためとはいえ、大胆な行動にでたことは間違いありません。

大統領にはナッツアレルギーがありますが、事前に知っていた可能性はあるのでしょうか。
事前に大統領にはアレルギーがあるため、他の場所に移動させられていたナッツオイル。あえて保管場所を変えていたことから、少なくともアレルギーを持っている人物がいたことは明白です。

しかも日本とフランスの首脳会議の場なので、アレルギーが日本の首相ではなく大統領にあったことも知っていたことになります。大きな問題になることも想定していたかは謎ですが、アレルギーがあったことを知っていた可能性については、今後犯人が誰かによって明かされることではないでしょうか。

グランメゾン東京のネタバレ!原因はナッツオイル?

犯人が誰かについて意見が様々ありますが、アレルギーの発端についてはどうでしょうか。
尾花夏樹を陥れるために使われたのがアレルギーだとすると、少し触れましたが殺人未遂にもなりかねません。

そこまでの危険を冒す必要があったのでしょうか。グランメゾン東京で犯人が誰かの前に、原因は本当にナッツオイルだったのかも疑問です。ストーリーには原作がありません。

完全オリジナルのため、憶測だけが飛び交っていますがアレルギーにも種類があります。
他の商品に別の物質が含まれている可能性はあるかもしれません。ストーリーを進めていくと、ナッツオイルに注目が浴びせられています。

話の筋からいくとここまでの中で、ナッツオイル以外には考えにくいでしょう。大統領にアレルギー反応が現れたことからすると、他の物質は考えられません。仲間に殴打したことから逮捕された尾花夏樹なので、本人が一番知っていることは十分に考えられるのではないでしょうか。

グランメゾン東京のネタバレ!ナッツオイルとアレルギー

https://platform.twitter.com/widgets.js

ストーリーは三つ星レストランへの道ですが、避けて通れない問題があります。それがナッツオイルの事件ですが、発端であってフレンチシェフの道が閉ざされてしまったのです。

グランメゾン東京では問題は犯人が誰か、に焦点が集まるのではないでしょうか。
オリジナルストーリーなので、この先何があるか未知です。そもそも一度は逮捕されている尾花夏樹ですが、日仏を混乱させるために起こったはずもありません。

ナッツオイルが原因で逮捕されたわけではなく、あくまで殴打事件で逮捕されているので、故意でないことはないことは明らかです。では含まれているナッツオイルとアレルギーの関係はどうでしょうか。

ウニに含まれていたことで、ナッツオイルがアナフィラキシーショックを起こしたのです。
呼吸困難、嘔吐、蕁麻疹、血液低下はもちろん、死の危険も迫っていることから恐ろしいアナフィラキシーショック。尾花夏樹は真実の犯人を知っている可能性は否定できません。

グランメゾン東京の豪華俳優陣

三つ星レストランを目指す木村拓哉さん演じる尾花夏樹や、豪華メンバーで繰り広げられる高評価なドラマです。鈴木京香さんが演じるヒロイン早見倫子。

これだけの豪華俳優陣の中で、誰が犯人かがグランメゾン東京では疑われています。4名いますが、この中なのか、他にもいるのか謎は深まりますが、料理提供をした外国の人を除くとこのメンバーになるでしょう。

ライバルの位置にいる尾上菊之助さんが演じる、丹後学。尾花夏樹の後輩で見習いの玉森裕太さんが演じる、平古祥平。陽気な雰囲気を醸し出している及川光博さんが演じる、相沢瓶人。突如現れた仲間の沢村一樹さんが演じる、京野陸太郎。

https://platform.twitter.com/widgets.js

見所が他にもたくさんありますが、事件の犯人に目が行くのは仕方がないのではないでしょうか。怪しいと思えば誰もがそのように感じてしまうのも当然です。

毎週日曜日21時!グランメゾン東京

豪華な俳優陣で繰り広げられるストーリーから、目が離せないのではないでしょうか。
2019年10月20日から始まったグランメゾン東京。毎週日曜日21時からおよそ1時間のドラマです。

正確には21時54分までのドラマですが、予告を含めても食い入るように見てしまうことでしょう。事件の真相について、この先どう展開するのかなど期待が膨らみます。

ドラマの開始時間までに用事を済ませて、準備をしておかないと展開が気になってしまうことでしょう。一瞬でも見逃したくないのではないでしょうか。

グランメゾン東京のナッツアレルギー事件!犯人の理由づけ

グランメゾン東京のナッツアレルギー事件が起きたのは、3年前の事件の経営する「エスコフィユ」のときのナッツ混入事件があった日仏首脳会談のためフランス大臣と日本の大臣が昼食会と懇親会を兼ねて行なわれていたときの出来事です。

フランス大臣が前菜のウニと蕎麦の実を食べた直後にアレルギーを起き起こし、その場で倒れた事件が起きた。「テロ事件」と疑われ、尾花が暴力を振ったため逮捕になり大問題が勃発します。

単なる調理ミスではなく、故意によるナッツを混入したことから「殺人未遂事件」になります。

今回、早見が経営するグランメゾン東京に、尾花をシェフとして調理をしたのだが、その3年前の事件と同様なことが起きます。

真実を調べると、ウニを調理した際に、ナッツの調理もしていたため、ナッツが混入し、ナッツアレルギーだったフランス大臣がナッツアレルギーを起こして体調が悪くなったという結果になっています。

フランス大臣がナッツアレルギーをしっていた尾花は、ナッツに触れないように棚に直したほど、警戒していた。弱みを知った関わる人が、何らかの方法でナッツアレルギーのフランス大臣を利用して問題を引き金になったようです。

そこで犯人は誰なのか?犯人の理由づけが始まります。
・及川光博さんを演じている相沢瓶人さん
理由は、一緒に厨房に入っていて、及川は尾花に、なぞのソースのようなものを渡しています。

・平古祥平さんを演じている玉森裕太さん
理由は、平古は尾花に対して「クソ野郎」と思うほど、嫉妬心が強く、また今回の調理には、平古も一緒に厨房に入っていて、しかもウニを片付けていた際に、ナッツを混入した疑いがかかっています。

・丹後学を演じている尾上菊之助さん
理由は、尾花と一緒にパリで修業していたが、丹後には評価されず、尾花に対してライバル意識が強くあります。

・柿谷光を演じている大貫勇輔さん
理由は、グランメゾン東京でのプレオープンの際、柿谷は知ってウニの下処理を行なわなかった。それは江藤から頼まれたからようです。

・江藤不三雄を演じている手塚とおるさん
理由は、グランメゾン東京をつぶしたいために、柿谷にやらせた疑いがあります。

・ウニを担当していた外国人シェフ
理由は、尾花に調理方法に叱られて反発感を抱き、腹いせでナッツを入れた疑いがあります。
もしかしたら、ナッツアレルギーではなく、もしかしたら、ヒナギクアレルギー可能性もあります。

いろいろ気になる犯人を理由づけでリストに出してみたけれど、どれもこれも気になる犯人です。人のねたみって、とても怖く感じます。

作った人の調理を食べるということは、信頼がなくては食べることは出来ません。
単なるうっかりの調理で食中毒を起こして、健康に害することは悲しい結末になってしまいます。
調理をする上で、真剣に行わないと命の危険性が生じることを学ばされるストーリーです。

まとめ

疑わしい犯人はあなたの中で誰でしょうか。答えはどこにあるのか、グランメゾン東京にはたくさんの楽しみと期待が込められています。

豪華俳優陣もこの先もっとたくさん現れるのではないでしょうか。ナッツオイル事件の真相はどうなるのか注目が集まります。あなたの予想は的中するか、それとも違うのか関心が集まることでしょう。

この先真犯人が登場、なんてことがあるのかも分からないのがオリジナルストーリーの良さです。次の日の話題はグランメゾン東京の話で埋めつくされるかもしれません。