ドラマ

同期のサクラ6話動画(見逃し)を無料で視聴できる方法は?6話みどころ感想紹介!

同期のサクラ 6話 動画

人気ドラマ同期のサクラ6話の動画(見逃し)を無料で視聴できる方法をご紹介しますね!実際に同期のサクラ6話を視聴した方にみどころもお聞きしたので一緒に紹介いたします。

同期のサクラは1話1年で話が進みますが、どんどん面白くなってきましたね!1話ごとに同期やサクラの成長が見れるので面白いですね。

同期のサクラ6話の動画(見逃し)を無料で視聴できる方法はあるの?

同期のサクラ6話の動画(見逃し)を無料で視聴できるところがないか探してませんか?人気ドラマなので、もちろんあります!しかも、公式で違法サイトではありませんので、安心して同期のサクラ6話の動画(見逃し)を視聴することができます!

同期のサクラ6話の動画(見逃し)を無料で視聴できるところはHuluです!

Huluでは、14日間の無料体験期間があります。無料体験期間中に、解約申し込みをすれば月額料金はいっさい発生しません。

無料体験期間中にHuluを気に入って、まだまだ使いたい!という場合は、自動で契約更新されますので、契約変更手続きなどは不要です!逆に言うと、自動で契約更新されるので、無料期間で終了したいかたは要注意ですね。

後ほどHuluの登録方法や便利な使い方などご紹介しますが、その前に同期のサクラ6話のあらすじとみどころなどをご紹介しますね。

同期のサクラ6話のあらすじは?

2019年、10月―。サクラ(高畑充希)の病室に訪れたすみれ(相武紗季)は、中学生になった娘・つくしの写真を手に、眠るサクラに感謝の気持ちを伝えていた……。

2014年10月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされ夢から遠ざかったことを故郷の祖父(津嘉山正種)に打ち明けられないまま、社会人6年目を迎えていた。相変わらず信念を曲げずに日々を過ごしているように見えるサクラだが、その心には少しずつ迷いが生じていた……。
一方、サクラのことを気にかけつつも、8歳の娘の子育てと仕事の両立に追われる人事課のすみれは、黒川(椎名桔平)から有名評論家・椿美栄子を招いての講演会“女性研修セミナー”の仕切りを丸投げされる。働く女性を応援する本を数多く執筆している椿だが、実は理不尽で細かい要望が多く面倒な人物。しかし社長(西岡德馬)と仲がいいため粗相は許されないと黒川からプレッシャーをかけられる。
数日後。椿のマネージャー・米田との打ち合わせを控え、広報の百合(橋本愛)のほか、サクラも子会社の代表としてセミナーのプロジェクトチームに参加する。わざわざ女性だけが集まって研修をすることに疑問を感じるサクラだが、百合は立場が違う女性同士がまず理解し合う必要があると主張。サクラはすみれが離婚してシングルマザーになったことを知る。その後、米田を交えた打ち合わせが始まるが……。余計なことを言わないようすみれから釘を刺され必死に我慢するサクラだが、『公演後の質問は受け付けない』という理不尽な要求に黙っていられず、米田を怒らせてしまう!その時、タイミング悪く社長が現れて……。

打ち合わせ後、エレベーターでサクラと二人きりになった百合は、いつもと違う元気のないサクラを見てこの機会にプライベートを充実させないかと合コンに誘う。そこに土木部に異動して生き生きと働く葵(新田真剣佑)が乗って来る。1年前の一件から密かにサクラに想いを寄せる葵は合コン話に焦りつつ、それとなく恋愛事情を探るが、サクラは今は誰とも付き合う気は無いと頑なな態度。その夜、すみれからの電話でプロジェクトチームから外されたことを告げられたサクラは肩を落としていつもの喫茶店へ向かう。先に来ていた菊夫(竜星涼)は、蓮太郎(岡山天音)にけしかけられサクラをデートに誘おうとするが……。
講演会が近づくにつれ、すみれは米田からの講演とは直接関係ないような細かい要望に追われ頭を抱える。さらに、娘のつくしが同級生を殴ったと急遽学校からも呼び出され……!周囲の理不尽な扱いに我慢できずに手を上げてしまったという娘に会社でのサクラの姿を重ねたすみれは「人はいつまでも自分の好きなように生きられない」とつくしを叱る。仕方なくつくしを連れて仕事に戻ったすみれだが、米田と椿の前でペコペコする母の姿を見たつくしは、すみれを遠ざけるように……。女性として仕事にも子育てにも奮闘して来たすみれの心はついに折れてしまい……!!

                                   引用元:同期のサクラ公式HP

 同期のサクラ6話のみどころはどこ?

40代女性
40代女性
子会社へと出向したサクラは、相変わらず真面目に自分の生活を過ごしています。今までとは異なる仕事でも、真摯に対峙するサクラ。時々は同期のみんなといつもの店で飲みながら近況報告をし合うのでしょう。「よくできました」シールをサクラに貼ってもらった葵は、土木部で頓挫したサクラの故郷に橋をかけるプロジェクトの予算がおりるよう、奔走するのではないのでしょうか?そして、人事部の先輩社員火野すみれは、仕事と子育てのワークライフバランスの難しさに苦しみます。思春期に差し掛かり扱いが難しくなってきた娘との毎日に、苦悩します。いつもの店で飲みながらサクラに愚痴をこぼして苦悩を吐露するすみれに、サクラがどんな言葉をかけて励ましていくのかが楽しみです。そして本社に戻れるのかも注目しています。
30代男性
30代男性
サクラが子会社に出向になりその会社で雑用ばかり任されてしまいそうです。ですがサクラはめげずに仕事をこなすと思います。その事でサクラの評価が上がりまた会社の本部に戻れるかが見所になると思います。ずっと子会社に勤務というわけではないと思うので同期のみんなの助言なども色々と受け取りながら成長してサクラはきっと本部に帰れると信じています。もしかしたらサクラの子会社での頑張りを見て黒川が上の人間に掛け合ってくれそうです。そうすればまた人事部に戻る事も十分可能なので、まずは子会社で何か成功させることが重要になってくると思います。サクラには今までのスタンスを変えずに前へ突き進んでいって欲しいと思っています。
50代女性
50代女性
サクラは子会社へ出向になってしまいましたが、プロジェクトのメンバーに選ばれて、本社へやってくるようです。
サクラが入社して6年目になりましたが、人事部のすみれはシングルマザーとなっていました。

彼女は一人で頑張ってしまう性格なのかもしれません。
なので、部長もすみれに多くの仕事を押し付けてきているような気がします。

離婚の原因は良く分かりませんが、子育てでも苦労をしているようです。
そのような大変な状況にあるすみれをサクラがどう変えていくのかが気になります。

きっとまた、さくらのじいちゃんの素晴らしい言葉がFAXで送られてくるのでしょう。
さくらのじいちゃんは人生の先輩としても、素晴らしい人だと思いました。

サクラの出向がいつまで続くのか分かりませんが、早く戻ってきてほしいです。

40代女性
40代女性
サクラは高級官僚の葵の父親を怒らせてしまい、花村建設の子会社に出向となってしまいました。土木に配属になる夢が遠のくどころか、花村建設本社に戻れるかも怪しくなり、大丈夫なのか心配です。
5話で、サクラと写真をとる時の、葵のサクラを見る目が気になっていた百合は、葵の事が好きなのかな?と思います。葵はサクラが好きなようですが、誰と誰が恋に発展するのか楽しみです。
サクラは出向先でも、忖度出来なそうなので、出向先のメンバーと上手くいくのか気になります。
人事部のすみれは、娘との関係が上手くいってないようですが、サクラは、すみれとすみれの娘の関係を修復出来るのか、見どころだと思います。サクラの言葉にすみれの娘が心動かされるといいな。と思っています。
サクラは花村建設本社に戻れるのでしょうか?気になります。
40代男性
40代男性
同期編が終わり本格的にサクラが建築方面に関わっていくのだろうと思っていたら、子会社へ出向。びっくりしました。子会社の規模の小さい所のようでここから再び本社に戻るのはまず無理なのではと思わされます。次回はともかくとしていずれは戻るのでしょうが展開は大きく変わるのでしょうね。そして次回に関わるのは人事部の先輩・火野すみれさんとなります。子供がいるとはドラマの中で言っていましたが家庭の詳細はまだ分かっていませんでした。子会社に飛ばされたサクラがすみれさんと何故か関わることになるのかがまず最初の見所となるでしょう、そしてすみれさんの家庭に正論を言ういつものサクラが見られるのでしょうね。会社のあり方ではなく家族のあり方を問う回になりそうです。仕事と家庭その中で悩むすみれさんにサクラがどう行動するのか楽しみです。
40代男性
40代男性
サクラさんは子会社に出向に。そこで、苦手そうな営業の仕事をすることになるようです。それは、ゼネコンから不動産会社に。サクラさんの夢の「故郷の美咲島に橋を架ける」仕事からは途方もなく遠くなりましたねぇ。
不動産会社の営業のノルマを課せられてしまう。契約とりの仕事は、夢でなく現実!。ただ、無類の建物好きなサクラさんですから、いい物件を紹介するのも得意かもしれませんね。建物に対する目利きの素早さ、説明の細かさ、が活きてきそうです。私も同情しないで観ていきたいと思います。
また、仲間を大切にするということができたとしても、転勤もある。その試練を乗り越えて、一生大事にしていきたいという姿勢、立派であるとか反対だとかではなくて、人生戦略としてあり得ることですよ。ただ、優しいいい人のサクラさんとして応援していきたいと思っています。
30代男性
30代男性
なんといっても子会社に行ったサクラは上手くやることが出来るのか気になります。
サクラはどこにいっても変わらないと思うので、子会社でも前向きに仕事をこなすと思いますが、周りとは上手くいかないと思います。
そんなサクラが上手く仕事をこなせるのか楽しみです。
そして次回は火野と子供のトラブルに首を突っ込む展開になると思います。
シングルマザーで頑張っていても子供となかなか上手くいかない火野に対して、空気の読めない強引なやり方のサクラはきっと奇想天外な方法をとると思います。
最終的には、親子の絆を確かめ合い上手くいくと思いますがサクラがどんなことをするのか気になります。
子会社に飛ばした黒川の狙いが気になります、黒川は人事部に戻すと思いますが黒川の狙いも楽しみです。
20代女性
20代女性
次回はシングルマザーのすみれがで子育てと仕事のどちらでも悩みを抱えてしまうということなので、結構リアルな内容だなととても楽しみです。
すみれが言うことを聞けない娘をサクラに重ねて見てしまうというのがびっくりです。
しかも、思いっきり娘のことをビンタしていたので、それだけすみれは追い詰められていたんだろうなと感じました。
そんなことをしつつ、仕事でペコペコしている母の姿を見た娘はすみれのことを遠ざけてしまうそうなので、仕事だけじゃなく、母と娘の関係もどうやってサクラが修復するんだろうかと楽しみにしています。
また、葵と菊夫の二人がサクラのことを好きだというものすごい展開だけど、この恋に進展はあるんだろうかということも楽しみにしています。
40代男性
40代男性
サクラの同期4人が壁にぶつかり、サクラや他の同期が助け合いながら乗り越えてきました。サクラが子会社に異動となりこの4人との関係がどうなるのか気になるところです。予告動画では人事部の火野すみれの家庭の問題が次回のテーマなりそうです。次はサクラが困難を乗り越える順番かなと思ったんですがすみれと子供の問題がクローズアップされそうです。サクラや同期を含めてすみれの家庭の問題をどう解決するアドバイスや行動を起こすのか興味深いです。サクラが子会社でどんな仕事をして、そしてどういうモチベーションで仕事してるのかも気になるところです。同期がサクラの仕事を見に行ったり、声をかけたり仲間同士の友情を見せてもらいたいです。
40代女性
40代女性
毎回毎回、落ち込んでしまっていたり自信をなくしてしまっている同期の誰かを助けているサクラ。今回は、まさかのたかびーお調子男の葵を助けることになるとは思いもしませんでした・・・前回の蓮太郎君はなんとなく想像ができた感じですが(笑)。
皆、弱い部分をもっていてそれをちゃんと認め合って同期との交流をふかめていくサクラの姿はホントにまぶしいです。自分がこんな風に社会人の最初を迎えていたならば、同期とのつながりも変わったんだろうな・・・と思っています。
さくらのじいちゃんの達筆FAX、なんと力をもらえる言葉がいつも書いてあるんでしょう!
勝ちよりも「価値」が大切、ってなかなか自覚することも難しい!と思うけど、私も心にとめておこう!とおもった名せりふです。
次回は、関連会社に出向となったさくらがどんな頑張りを見せてくれるか。そして同期の皆とのかかわりはどうなっていくんでしょう。
次回、同期ではなく上司のピンチをどう助けてくれるんでしょう!

同期のサクラのこれまでの視聴率は?

1話 8.1%
2話 9.5%
3話 9.3%
4話 11.5%
5話 11.8%

5話は葵にスポットを当てた話でしたね!葵がサクラにキスしようとせまったり面白いシーンもありましたね。これから視聴率もあがるかもしれませんね!

同期のサクラの動画(見逃し)配信を視聴できるHuluのオススメポイントは?

動画配信サービスって色々ありますね。どの動画配信サービスもオススメのポイントってあります。Huluのオススメポイントを4つ紹介しますね。

  • 人気映画・ドラマ・アニメ等60,000本以上!!国内・海外ドラマやアニメ、バラエティ、映画等、最新の作品から懐かしの名作まで60,000本以上の作品が満載です!

多彩な作品が過去作品から最新の作品まで沢山配信されています。これからどんどん作品数も増えてくると思います!

  • まるで映画館!驚きの高画質!インターネット接続環境に合わせて配信画質を調整しているから、お家でも、外出先でも、迫力の映像が楽しめます!

動画のダウンロードもできます!やり方は後ほど紹介致します。

  • マルチデバイス対応でいつでも・どこでも、視聴できる!PC、テレビ、スマートフォン、タブレットなど、様々なデバイスに対応!テレビで見始めた動画のつづきをスマートフォンで楽しめます!
  • 無料お試し期間が終わっても、お手頃に全て見放題!無料お試し期間が終わっても、全てのコンテンツが、月額1,026円(税込)で見放題!月に何本もレンタルする方はHuluがおトクかも!? もちろん、いつでも無料で解約できるので、安心してご利用いただけます。

なんといっても無料お試し期間があることですね!毎月何本もレンタルされているかたであれば断然Huluのほうがお得ですね。

Huluをスマホ・タブレットで見るならやっぱりアプリでしょ!

Huluはパソコンでもスマホ・タブレットでも動画を視聴することはできます。パソコンでHuluの動画を見る時はWiFiの環境があって通信速度制限などを気にして動画を見ることはないですね。ですが、スマホやタブレットで動画を外出先や移動中に視聴する場合はやっぱり気になってしまいます。

そんなときに、通信速度制限を気にせず視聴できるのがHuluのアプリですね!

なんでHuluのアプリなら通信速度制限を気にしなくてもいいの?
動画のダウンロードができてオフラインで視聴できるから!

実際に動画をダウンロードして機内モードで視聴できるか確認してみましたが、視聴することができました!ただし、動画再生時に注意事項が表示されます。再生開始してから48時間の間だけ視聴できます。48時間以上経ってしまうと視聴できないので、一度再生したら最後まで視聴しましょう。

他にも注意点はあります。

ダウンロードできる動画の数は25本まで→自動削除の設定を紹介

一部ダウンロード出来ない動画もある→ダウンロードできない動画の見極め方

注意点は後ほど改めて紹介しますね。

まずは動画のダウンロード方法とダウンロードできる作品・できない作品の見分け方を紹介します。

動画のダウンロード方法

まずは、アプリをダウンロードしてログインしましょう。

ダウンロードしたい作品をタップしてください。

タイトルの下にダウンロードのマークがあるのでタップするとダウンロード開始します。ダウンロードするときは必ずWiFiに接続してからにしましょう。

下にポップアップが出てくるのでダウンロードをタップします。

ダウンロードのところが、チェックマークに変われば完了です!ダウンロードした作品の一覧は下のマイリストから確認と削除が可能です。

次にダウンロードができるか・できないかの見極め方ですが、先ほどのダウンロードのマークがあるか・ないか、だけです。

ドラマのように複数エピソードがある作品に関しては一括ダウンロードもできますし、エピソードごとにダウンロードも可能です。エピソードごとにダウンロードしたい場合は、下にスワイプしてもらうとエピソード一覧があります。各エピソードの右側にダウンロードのマークがあるのでそこからダウンロードしてください。

同期のサクラの動画(見逃し)配信を視聴できるHuluの登録・解約方法は?

Huluの登録方法や解約方法をご紹介します。登録も解約も簡単ですよ。紹介する方法は、スマホ+webでの登録方法です。スマホ・タブレットはアプリからでも可能ですが、どちらからでも同じです。

登録方法

まずは、Huluの公式ホームページにアクセスしましょう。

「今すぐ無料でおためし」か「会員登録」から新規登録します。

登録はFacebookかメールアドレスを登録する方法の2つあります。私はGmailを持っているのでそれを使いました。入力をして次に進むと「メール認証してください」と言われます。

Gmailを開くとHuluより「メールのご確認」という内容のメールが届いています。もし届いていなければ、迷惑メールフォルダを確認してください。その中にも、メールが届いていない場合は登録時に入力したメールアドレスが間違っている可能性があります。その時は、再度登録しなおしましょう。

届いているメールに記載されているURLをタップすると認証完了です。

認証完了後「Huluへようこそ!」とメールが届きます。このメールには対応機器についてと、無料トライアル期間についての記載がされています。アカウントをいつまでに解約すれば月額料金はいっさい発生しないことと、無料トライアル期間がいつまでか記載されているので確認しておきましょう。

解約方法

Huluのwebサイトにアクセスしてください。右上のアイコンからアカウントを選択してください。

パスワードを入力してください。

下にスワイプしていくと「契約を解除する」があるのでタップしてください。

一旦解約を引き止められます。下にスワイプすれば「契約の解除を続ける」があるのでタップしてください。

契約を解除する前にアンケートに協力してください、と出ます。アンケート回答後、契約を解除するで完了です。

もし、無料トライアル期間が残っている場合は最後に、契約解除後も○月○日まですべての機能が使えますと表示されますので確認しておきましょう。

ちなみに支払い方法はいくつかありますので一緒にご紹介します。

支払い方法

  • クレジットカード
    (VISA・JCB・MasterCard・AMERICANEXPRESS・Diners Club)
  • docomo
  • auかんたん決済
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
  • PayPal(銀行口座振替も可能)
  • Huluチケット

同期のサクラ5話(前話)のみんなの感想は?

30代男性
30代男性
木島が社長賞を受賞しました。その事を知ったサクラは同期のみんなでお祝いをしようと提案します。木島の部署のプロジェクトが国の意向で凍結してしまいます。リクエストに同期が集まり木島の社長賞を祝い自分たちの仕事が充実していると話していると木島がその事に噛みついて空気を悪くしてしまいサクラ以外が帰ってしまいます。翌日、木島が会社に行くと上司からコネ入社だった事を知らされます。夜、リクエストで木島はサクラにコネ入社だった事を話し酔いつぶれます。家まで木島を送ると官僚の父親と兄がいました、サクラは木島のプロジェクトが凍結してしまった事を話し何とかならないかと頼みます。しかし、取り合っては貰えません。翌日から木島はヤケになり自殺を図ってしまいます。心配した同期たちがリクエストで励まします。そこへ会社から連絡が入り父親と兄がやってくるとわかります。早速会社に行くと父親が国からの事ですから例のプロジェクトの件は耐えてくださいと話します。そこへ木島がやってきて父親に自分の思いを伝えます。サクラもその意見に同調します。すると後日、高級官僚の父親を怒らせた事で木島は土木部へ、サクラは子会社への出向を言い渡されてしまいます。
50代女性
50代女性
今回もサクラのじいちゃんの言葉には重みがありました。
「勝ち負けよりも価値を見いだせ」と言った内容の言葉は、若いサクラにはなかなか思いつかない言葉かもしれません。

サクラは葵くんの価値は何なのだろうかと考えていたのだと思います。
彼は作文が得意だと母親に褒められたことがあると言っていました。

彼には人を動かす言葉があることを見出し、それが葵くんの価値だとサクラは言いました。
葵は今まで父や兄を超えることだけを考えてきました。

なので、彼の親が言っていたように中身のない人間だったのかもしれません。
しかし、これからは自分の価値を知り、それを強みにしてしっかりと生きて行ってほしいです。

そうすれば民間企業だと父親や兄に舐められることも少なくなるかもしれません。

40代女性
40代女性
サクラは葵の社長賞授賞式の席で、また社長に意見を言い、周囲を困惑させました。忖度出来ないサクラは、何年たっても変わらないので面白いです。
葵は、都市開発部の部長から、着工が白紙になった案件を、高級官僚の父親に口をきいてくれと頼まれて、父親にお願いしますが、民間が口を出すことじゃないと、相手にしてくれませんでした。
葵はいつも、父親の顔色を伺っている為に、口だけは上手い人間になってしまったのだと思いました。
そんな葵ですが、父親に意見を言った姿には感動しました。葵は初めて父親に言いたいことを言ったのだと思いました。
葵にとっては、一緒懸命皆んなで作り上げたプロジェクトでも、官僚の父親にとっては、国が関わる、いち案件にすぎないのだと悲しくなりました。
サクラが、よくできました。のシールを、葵の頬に貼ってあげたシーンはよかったです。5年後もそのシールを持ってた葵。葵とサクラの絆を感じました。
40代男性
40代男性
入社から5年。サクラも含めて同期のメンバーもそろそろ中堅社員となるころです。木嶋葵が社長賞を受賞しますが、内部から見てもそれほど価値はないようで同期から見ても浮かれている葵には反感しかありませんでした。実の所葵は官僚の息子でそのコネを期待されて会社に採用してもらったようなものでした。その現実を突きつけられる葵。家での息苦しさから逃れるため社長を目指すといっていましたが実力は伴っていませんでした。ぼーとして車に惹かれそうになる葵をサクラが引っ張りあげます。サクラとの触れあいの中で急成長していく葵の姿には驚きでした。時期的に官僚を悪く描かないといけないようでしたがそれはちょっと違うだろうと思います。このシーンのありなしは今後の伏線になるかもしれませんが納得は行きません。葵の父の前で意見したことによりサクラは子会社に出向となってしまいます。これは意外な終わりでした。
40代男性
40代男性
サクラさん、がんばってますねぇー。でも、あの同期の仲間(木島、月村、清水、土井)は、本当にサクラさんと相性のいい仲間たちなんですか。いつもかっこつけてばかりで仲間を見下しかねない雰囲気の木島葵(新田真剣佑)と月村百合(橋本愛)。営業部の上司に頭が上がらないばかりで、会社的な一体感を見出せない清水菊夫(竜星涼)。マイペースでなかなか人と交わらない土井蓮太郞(岡山天音)。彼らは、人を心配するのがサクラなんだとばかり、次から次へとトラブルを起こして。その後、人間として、職業人として、一人前になっても、サクラさんをどれだけ喜ばすことができるんでしょう。
今回、入社5年目(2013年9月)のお話、木島葵をかばって、余計なことを言ってしまったから、サクラさんは子会社に出向に。そんな仲間しかいなかった場合、一生信じ合える仲間をつくりたいという夢はどうしたらいいんでしょう。なぜ、そこまでして。もしかすると、信じ合えるのではなくて、もっと積極的な信じ合い強制的な!?。そうだとすれば、裏切れないサクラさんの夢、2019年11月の美咲島橋はどうなったのでしょう。ここまで、仲間のため、人々のため、がんばるサクラさんを裏切れない。美咲島橋は架かっていてほしい!。
30代男性
30代男性
今まで同期の中でも一番上手くいっていると思われた、葵の話でしたがいろいろと苦労していると思いました。
親や兄が偉大だと普通はぐれてしまう所ですが、真面目に花村建設に就職して社長を目指すといういい息子に育ってると思いました。
しかし周りは親の力を頼るコネ入社として馬鹿にしたりするあたり、非常に可哀そうだと思いました。
憎まれ口や虚勢をはるのもわからないではないと思いましたが、サクラが空気を読めないやり方で打ち砕いてくれました。
それにより、葵が父親や兄に対して自分の思いを力強く語る事が出来たのは素晴らしいと思いました。
最終的には、左遷人事をされてしまいますが葵やサクラはきっと復活すると思いました。
仕事での勝ち負けよりも、自分の価値を見つける事が大切だとサクラの祖父が発した言葉は非常に大切だと思いました。
勝ち負けより価値を見出せる人間になろうと思いました。
20代女性
20代女性
いつも自信満々の葵が実は家では劣等感を感じていたなんてびっくりでした。
社長賞を取るなんてすごいことなのに、そんなことどうでもいいとお父さんから言われていたのが切なかったです。
社長になることにこだわっていたのも、社長になれば認めてもらえると思ったんだろうなと感じました。
また、葵がサクラにキスしようしたことにもとても驚きました。
葵は弱ってるし、もしかしてキスしてしまうのかと思ったら、サクラが表情一つ変えずビンタしておもしろかったです。
さらに、サクラが葵にかけた言葉が感動でした。
葵の言葉には人の心を動かす価値があるって、まさにその通りだなと思いました。
その言葉を聞いて、葵がお父さんと兄に泣きながら自分の本音をぶつけたのにはとても感動しました。
それなのに、葵とサクラが異動にさせられるなんてあんまりでとても悲しかったです。
40代男性
40代男性
社長賞をもらった葵を祝おうとサクラが同期を集めるが
葵が同期を馬鹿にしたような発言を繰り返して、サクラ以外の3人は怒って帰ってしまう。葵はプロジェクトが上手くいってないこともあったが、見下した態度を取ってしまう悪い癖が出てしまったと思います。サクラがみんなをせっかく集めてくれたのに葵の態度では一瞬で3人が去るのもわかりますね。ただ志を語る人間は良くも悪くもいるのは確かですが後は言い方なのかなと思いますが葵の言い方は最悪レベルでした。挫折を味わい自殺しようとする葵をサクラが助ける。同期を集めて葵に皆が言葉をかけるところは結局最後は助けてあげる百合、蓮太郎、菊夫の優しさが感じ取れて良いドラマだなと感じました。
40代女性
40代女性
入社して5年になった北野さくらたち同期。同期メンバーは花村建設で頑張っています。その中の一人、木島葵は社長賞を受賞して喜んでいました。
しかし、授賞式の中で社長から「お父さんによろしく」と言われ、部署に戻ると自分の父親に仕事の助けをもらうように言われ、落ち込んでしまいました。
それもそのはず、木島葵の父親は、国土交通省の官僚だから、頼りにされているのでした。
せっかくの同期で木島の社長賞をお祝いしようとしたのだけれど、木島が言いたい放題だったのでさくら以外のみなは帰ってしまいます。
家に帰って、父に仕事の助けを乞うのですが、民間が国に口を出すな、と父親からきつい言葉をかけられてしまう。
会社で父の助けを受けられなかったことを伝えると、お前は実力なんかない、コネ入社だ、と上司から伝えられた葵は、落ち込んで荒れてしまう。
そんな葵を家まで送っていったさくらは、いつもと変わらない態度で葵の父と兄へ嘆願書を渡したり。自信をなくしてしまった葵にどのようにうまく言葉を掛けたらよいのかわからなくなってしまったサクラ。そしてそれにこたえるさくらのじいちゃんの達筆FAX。さくらはおちこんだ葵を同期と共に持ち上げることに成功。
葵は自分の父と兄に思いをぶつけることが出来て。すこしずつ変わることができるのか。
けれど、木島葵は土木へ、さくらは関連会社へ出向となってしまう。
40代女性
40代女性
人事部で入社五年目を迎えたサクラは、社長賞を受けた葵を同期のみんなと一緒に祝おうと集まります。ところが、担当している大型プロジェクトの予算が国から降りないことになってしまい、イラついていた葵は同期のみんなに毒気づき、溝を深めてしまいます。官僚の父親と兄にプロジェクトの予算について、再度懇願しますが「民間が国に対して意見を言うんじゃない」と全く相手にされませんでした。自分がコネ入社だったとようやく気付き、仕事の能力を評価されていたのではないと分かり、落ち込む葵をサクラは励まします。結局、国の予算が下りることはありませんでしたが、さくらによって葵は自分の存在意義を見出だすことが出来たのです。そしてサクラは「一生信じ合える友達が出来た」と言います。官僚の父親と兄に意見し怒らせてしまった葵とサクラは、それぞれ葵は土木部、サクラは子会社へと出向になりました。