ドラマ

ニッポンノワールメインテーマ曲決定!原作の結末は?

ニッポンノワール 曲

今秋日本テレビ系列で放送される日曜ドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』。賀来賢人さん主演で、出演者やスタッフが豪華だと話題になっています。また、主題歌やサウンドトラックを担当する人も注目されています。

今回は、『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』について、特に主題歌やBGMを担当される方について調べました。

ニッポンノワールとは?

10月になり新番組が続々と放送されている中、日本テレビ系列では10月13日(日)より日曜ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』という作品が始まります。

そもそも、ノワール作品とはいったい何なのかを軽く説明しておきます。ノワール(noir)とはフランス語で「黒」という意味で、もともとは「フィルム・ノワール」という虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画をさしたものでした。

人間の悪意や差別、暴力などを描き出しており、闇社会を題材にとったあるいは犯罪者目線のから書かれたものが多いです。日本のフィルム・ノワール的な作品を手掛けている監督は代表的な方を紹介すると、黒澤明さんや北野武さんなどがあげられます。

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱―』の公式ホームページのあらすじをまとめてみると、賀来賢人さん演じる遊佐清春が、広末涼子さん演じる碓氷薫を殺害した容疑者として同僚の刑事に追われ、さらにその「碓氷薫殺害事件」は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく…」といった内容でした。

あらすじのラストには、「究極のアンストッパブル・ミステリーがここに開幕!一人の刑事が巨悪の反乱を起こす、予想を覆し続ける規格外の刑事ドラマ!!」と何とも興味をそそられる紹介文が掲載されていました。これは最初から最後まで目が離せないドラマになりそうですね!

ニッポンノワールの原作は?

最近のドラマは少女マンガや小説などを原作とした作品が多いですが、『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』の原作はあるのでしょうか?

調べてみると、どうやらこの『ニッポンノワールー刑事Yの反乱―』には原作はないようです。脚本は武藤将吾さんのオリジナル脚本です。武藤将吾さんは1977年生まれのドラマ脚本家で、これまで手掛けた作品は『電車男』や『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』、『ジョーカー 許されざる捜査官』、『家族ゲーム』、『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』など、数々のヒットドラマを生み出しています。

ドラマだけでなく『クローズZERO』シリーズや『テルマエ・ロマエ』などの映画の脚本も手掛けている人気の脚本家さんです。

ニッポンノワール見逃し配信を無料で視聴!

ニッポンノワールの主題歌はサザンオールスターズに決定!?

武藤将吾さんのオリジナル脚本で制作される『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』。
ドラマの内容も気になるところですが、新しいドラマが放送されるとなると主題歌を担当されるアーティストの方も気になりますよね? 主題歌はいったいどなたが担当されるのでしょうか?

今作の主題歌は、何とっ!!サザンオールスターズさんが担当します。楽曲名は『愛はスローにちょっとずつ』です。この曲は2019年8月に配信リリースされたが楽曲です。

サザンオールスターズさんが主題歌を担当されることが決定したとき、主演の賀来賢人さんは「エンディングに流れることを想像するだけで、今から鳥肌が止まりません。」と喜びのコメントを残しています。

YouTubeでは『愛はスローにちょっとずつ』のミュージックビデオが公開されており、話題になっています。ドラマ自体もそうですが、主題歌も要チェックですね!!

ニッポンノワールのサントラ(BGM)は誰が担当するの?

先ほど、『ニッポンノワールー刑事Yの反乱―』の主題歌をサザンオールスターズさんが担当すると紹介しましたが、テーマ曲やBGMを担当するのはどなたなのでしょうか? 調べてみると、BGMを担当するのは松本晃彦(まつもと あきひこ)さんだそうです。

松本晃彦さんは、1963年生まれの作曲家・編曲家・音楽プロデューサーで、1984年から活動を開始しています。

松本晃彦さんの詳しい経歴は後ほど紹介しますが、サザンオールスターズさんや福山雅治さんなどの大物アーティストに楽曲を提供しているだけでなく、『踊る大捜査線』シリーズなどの人気ドラマの音楽や、細田守さん監督のアニメ映画『サマーウォーズ』の音楽も手掛けています。

アカデミー賞を始めとする多くの国際映画祭で評価されるなど、日本国内のみならず海外でも絶賛されています!

主題歌が注目されがちですが、ドラマ内での雰囲気を作る上で欠かせないBGM。いったいどのような場面でどのような音楽が使われるのか楽しみです!!

スポンサーリンク

ニッポンノワールの主題歌やサントラ決定に対するネットの反応は?

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱―』の主題歌をサザンオールスターズさん、音楽を松本晃彦さんが担当するということで、ネットではとても話題になっています。「主題歌の発売日はいつ?」などすでに注目されています。

また、ドラマの告知CMを見た視聴者は「ドラマ早くみたい!」とか「CMだけでドラマが面白そうな予感がする!!」との声が上がっています。視聴者の皆さんのドラマに対する期待値が高まっているようです。

また、脚本を担当する武藤将吾さんに対しても、「武藤さんの脚本なら絶対面白い!」との声が上がっています。皆さんドラマの放送を楽しみにしているようですね。

松本晃彦の経歴

続いては、『ニッポンノワールー刑事Yの反乱―』の音楽を手掛けている松本晃彦(まつもと あきひこ)さんについて紹介していきたいと思います。

松本晃彦さんは、1963年2月14日生まれで東京都世田谷区出身の作曲家・編曲家・音楽プロデューサーさんです。1984年から音楽活動を開始しており、映画やドラマの劇中音楽制作やアーティストへの楽曲提供のみならず、自らもコンサートツアーのステージサポートメンバーとしてコンサートに参加することもあります。

松本晃彦さんは1966年3歳の時から、お父さんの影響でサックス・フルートに触れるようになり、1981年に『VISION(ビジョン)』というバンドにキーボード・シンセサイザーとして参加します。

作曲家として活動するようになったのは1986年からで、1987年には吉川晃司さんの楽曲をプロデュースします。これ以降音楽プロデューサーとして活動するようになります。

1997年には織田裕二さん主演の人気ドラマ『踊る大捜査線』の音楽を担当し、1999年公開の映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』の楽曲が第22回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞します。2004年にも『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の楽曲が、第27回の日本アカデミー賞優秀音楽賞を再び受賞します。

2010年には細田守さん監督作品『サマーウォーズ』の音楽がアメリカのノミネート最終15作品に選ばれ、これがきっかけとなり国内だけでなく世界からも注目されるようになります。

松本晃彦さんはドラマや映画の音楽制作も数多くされていますが、サザンオールスターズさんや福山雅治さん、CHAGE and ASKAさん、鈴木雅之さんなど有名なアーティストさんへの楽曲提供や編曲提供をされています。

まとめ

10月新番で様々なドラマ放送されていますが、出演者だけでなく主題歌を担当されるアーティストや脚本家、音楽を担当されるスタッフ陣もかなり豪華な『ニッポンノワールー刑事Yの反乱―』。

いったいどんなストーリーになるのか、放送がとても楽しみですね!!