スポーツ

楢崎智亜は高校から国際大会経験してた?出身中学はどこ!

楢崎智亜 高校

2016年に開催された2つの世界大会で優勝した楢崎智亜選手。イケメンですよね。それだけでなく、笑顔も素敵です。
また、肩や背中の筋肉がすごいので、普段から鍛えてることがすぐにわかります。こんなにすごい選手が通っていた中学や高校はどこか、調べてみました。

楢崎智亜の出身中学は?


楢崎智亜選手の生まれは、栃木県の宇都宮市です。小さい頃からそこで過ごしていました。その後、地元にある小学校を卒業し、中学校へ進学するのですが、地元の学校に通わず、作新学院中等部に進学します。

その学校は、スポーツに関する大きな大会に出場する機会が多いので、楢崎智亜選手はとても環境が良い中学校で育ったそうです。

楢崎智亜の出身高校とそのころに出ていた大会とは?

出身中学が作新学院中等部である楢崎智亜選手は、無事に中学校を卒業したあと、宇都宮北高校に進学します。そこに入学したあと、楢崎智亜選手の快進撃が始まったのです。

高校1年生の時、18歳以下の人が出場できる世界選手権で、12メートルの壁を登る競技に挑んだ結果、いきなり4位になりました。素敵ですね。

その後、高校3年生になった楢崎智亜選手は、再び世界選手権に出場します。高校1年生の時と違って、年齢制限がなかったのですが、そこでも5メートルくらいの壁を命綱なしで登りました。その結果、10位になったのです。とても輝かしい記録ですね。

それだけでなく、楢崎智亜選手は頭も良いです。楢崎智亜選手は、物理と数学が得意だったので、医学部に進学することを考えていました。その道も視野に入れていたので、かなり頭が良いことがわかります。しかしそれをあきらめ、魅力があるスポーツクライミングの道を歩み始めました。

出身中学である作新学院中等部を卒業したあと、いろいろな大会で活躍しているだけでなく、思い切りの良さがわかるシーンでしたね。


スポンサーリンク




楢崎智亜の筋肉がすごい!そのトレーニング方法とは?


高校の時から世界選手権で活躍している楢崎智亜選手の肩と背中の筋肉がとてもすごいです。そのことがわかる記録がありました。一般的な男性の体脂肪率は20%くらいですが、楢崎智亜選手はなんと2%しかないそうです。それだけ鍛えてることがわかる記録ですね。

その筋肉を鍛えたり、維持をすることができるトレーニング法とは、動物の動きのマネをする方法です。腰やひじ、足首、つま先を使ってジャンプをしたり、床を這ったりと、独特な方法でトレーニングをしています。

このようなことをしているのは、クライミングを始める前にしていた器械体操のトレーニングを取り入れているようですが、真相はわかりませんでした。

ただ1つだけ言えるのは、楢崎智亜選手のすごさがわかる話でしたね。

楢崎智亜が登る時のスタイルとは?

栃木県に出身中学がある楢崎智亜選手は、壁にある突起物から他の突起物に移る時、パワフルなスタイルで飛んでいます。これを見た外国人からは、「フィジカルモンスター」や「ニンジャ」と言われているそうです。

また、このスタイルを採用した理由ですが、海外の選手と比べ、楢崎智亜選手はとても小さいだけでなく、腕も短いので、とても不利になります。

しかし、小学生まで器械体操を行っていたので、バランス感覚を持っているのと、肩周りについている柔らかい筋肉があることによって、このような技ができるからです。

出身中学である作新学院中等部へ進学する前にやっていたことが、このような形で活かされてます。その経験を無駄にしてなかったことが理解できる楢崎智亜選手は、適応力が高い人ですね。


スポンサーリンク





楢崎智亜の弟もすごい!その兄弟構成とは?


栃木県内の出身中学がある楢崎智亜選手には、兄と弟がいます。しかも弟は、クライミングをやっている楢崎明智選手です。

それだけでなく、弟さんもいい記録を残してます。2012年と2014年に出場したジュニアオリンピックカップで、優勝しました。

さらに2018年には、国内で行われたボルタリングの大会で、準優勝になったことがあります。その時は、1位が楢崎智亜選手だったので、兄弟で1位と2位を独占しました。

それから弟さんは、楢崎智亜選手より3歳年下ですが、身長が186㎝です。楢崎智亜選手と比べて16㎝の差があるので、かなり高いですね。

そしてお兄さんも、クライミングをやっていたという情報がありますが、見つけることができませんでした。

しかしお兄さんは、楢崎明智選手がボルタリングを始めるきっかけを作ったことがあります。それは楢崎明智選手の出身中学である作新学院中等部に入る前、お兄さんの勧めでクライミングの練習ができるジムに通い始めました。

そこに行った楢崎明智選手は、自由に動くことができるクライミングの魅力にハマり、どんどん実力をあげることができたのです。

記録を残してる弟さんもかっこいいですが、クライミングを勧めたお兄さんも素敵ですね。

楢崎智亜の彼女は?

出身中学である作新学院中等部に入学する前からボルタリングを行ってた楢崎智亜選手は、真面目に練習をしているので、その姿にみとれてしまう彼女がいるといううわさがありました。

それは、クライミング仲間である野口啓代さんです。同じ職業ですが、本当に付き合っているかわかりませんでした。

ですが野口啓代さんは以前、楢崎智亜選手が悩んでいた時にアドバイスを送ったことがあります。以前、他の人からどのように見られているかを気にしていた楢崎智亜選手は、その事について悩んでしまい、良い記録が出ない時があったのです。

それを知った野口啓代さんは、「わき目を振らずに登るといいよ」と言いました。それを聞いた楢崎智亜選手は、「勝つことがかっこいい」ことに気づいたのです。

同じ仲間ではありますが戦友同士でもある2人は、これからも期待ができる選手ですね。

楢崎智亜のプロフィールと経歴は?


出身中学が作新学院中等部で、出身高校が宇都宮北高校である楢崎智亜選手のプロフィールを簡単に紹介します。

生年月日 1996年6月22日
出 身 栃木県宇都宮市
血液型 B型
身 長 170㎝
体 重 60㎏
趣 味 釣り
好きな食べ物 鶏肉や牛タンなどのお肉類
嫌いな食べ物 野菜類
所属チーム TEAM au

体重が60㎏あります。ちなみに20代男性の平均が68㎏なので、それより8㎏軽いです。あと、所属チームであるTEAM auには、弟の楢崎明智選手も所属してます。

また、楢崎智亜選手は高校を卒業したあと、プロに転向しました。その後の記録は以下の通りです。

2015年 日本ユース選手権(リード)1位
2015年 アジアユース選手権 ボルタリング競技大会 1位
2015年 世界ユース選手権(ジュニア・ボルタリング)1位 (ジュニア・スピード)3位
2015年 アジア選手権(ボルタリング)4位
2016年 クライミングワールドカップ年間チャンピオン
2016年 クライミング世界選手権 1位(日本人初)
2016年 ADIDAS Rock stars 1位
2016年 アジア選手権 2位
2016年 世界選手権 1位
2017年 ワールドゲームズ2017 5位
2017年 アジア選手権 4位
2017年 ノースフェイスカップ 1位
2018年 コンバインド・ジャパンカップ 1位
2018年 IFSCクライミングワールドカップモスクワ大会 1位
2018年 アジア競技大会(複合部門)3位
2018年 世界選手権(複合部門)5位
2019年 世界選手権(ボルタリング)1位 (複合部門)1位 (リード)4位
2019年 コンバインド・ジャパンカップ 1位

いろいろな悩みがあり、いい記録がでない時期がありましたが、世界大会で優勝することができたので、とてもすばらしい選手ですね。

まとめ

今回は、楢崎智亜選手の出身中学と高校などについてまとめました。出身中学は作新学院中等部、高校は宇都宮北高校出身であるそうです。

また、世界大会で優勝している楢崎智亜選手が、これからもいろいろな大会で優勝できるよう、応援しています。