スポーツ

伊藤美誠の母が中国人の噂は本当?母がおかしいと言われる理由は何!

伊藤美誠 母 中国人

伊藤美誠選手は全日本選手権大会で、女子史上初の「2年連続3冠」を果たしました。

その伊藤美誠選手の母について「伊藤美誠さんの母は中国人なのか?」「なぜ母はおかしいと言われているのか?」という噂がとびかっています。

今回は、伊藤美誠選手の母、伊藤美乃りさんについて調べ、まとめました。

伊藤美誠の母が中国人との噂は本当?

https://twitter.com/ikejun1029/status/1120688729738203137

結論から言うと、中国人ではありませんでした!

では、なぜ伊藤美誠選手の母は中国人という噂がとびかったのでしょうか。それは、伊藤美誠選手が得意とする「卓球」に関係していたようです。

卓球の本場は中国です。その中国を撃破し、2年連続3冠を果たした伊藤美誠選手の母親が、そもそも中国人なのではないかと噂されたようです。

中国では、卓球が強くなるためのシステムが構築されています。小学生くらいの小さなときから学校に行かず、毎日練習をするそうです。

そこで結果を残すとジュニアナショナルチームへ、さらにその先で結果を残すと次のステージへ・・・・といったように、強い人がよりよい環境へ行けるようなシステムが構築されています。

そのような背景から、母親が中国人で卓球が強くなるためのシステムを理解しているのではないかと予想され、噂されたのです。

伊藤美誠の母は離婚している?

伊藤美誠選手の両親は、2011年~2012年の間で離婚しています。どのような理由で離婚したのかは、様々な噂がありますが結局のところわかっていません。

離婚理由の最も多く噂されているのは、「父親が自己破産したからではないか?」ということです。どうやらこの「自己破産」は事実らしく、住宅ローンが関わっているようです。

伊藤美誠選手を鍛えるための環境を整えたいという理由から、母の伊藤美乃りさんの故郷静岡に家を新築することになりました。金融機関から約2000万円を借入して建てたとのことです。

厳密には、自己破産をしたのは「離婚後」のようです。なので、もしかしたら別の離婚理由があったのではないかと思います。

もちろんローンがあることも原因の一つかと思いますが、母美乃りさんがその借金を返済したことを考えると、何か別の決定的な理由があったのではないかと思います。


スポンサーリンク




伊藤美誠は母子家庭なのか?父親は?

2019年現在から約7年前に離婚をしているので、そこからは母子家庭ということになります。

伊藤美誠選手の父は、母美乃りさんと同じで自身も卓球をしていたそうです。母美乃りさんと同じく、「父も中国人なのではないか?」と噂されておりますが、こちらについても美りさんと同じ理由のため日本人です。

離婚後、美誠選手はすでに卓球で実力を世間に証明しており、父は卓球用品専門のお店で働いています。伊藤美誠選手の父は、試合を欠かさず観に行っているので、ちゃんと親子愛があることを確認できます。

また、借金の理由も美誠選手の卓球環境を整えるためです。子供のためにと思った行動なので、その思いは今でも持ち続けているということになります。

離婚後も、父には時々会っているようです。美乃りさんは明るい離婚と言っており、金融機関からの借金も工面したところをみると、確かに明るい離婚と言っていることもわかります。

伊藤美誠の母がおかしいと言われる理由は教育方法にあり?

伊藤美誠選手の母、美乃りさんについて「あの人はおかしい!」と言われています。その理由を調べてみたところ、驚きの教育方法にありました。

まだ幼稚園くらいの伊藤美誠選手に対してこんなことさせるのかというものばかりです。簡単にまとめると以下のようなものがあります。

  •  練習時間は毎日7時間。幼稚園が終わっても練習
  •  卓球をやりたい!と言ったので、やるからには徹底的にと決め、オリンピック金メダルを目指して猛練習
  •  試合に負けたら何時間も説教
  • 3分以上トイレに入っていたら居眠りと決め、ドアをたたく

もうこれだけでもかなりおなか一杯です。

実は、母美乃りさんも、もともとは卓球選手でした。高校時代にはインターハイに出場しており、大学時代にはなんと全日本選手権大会に出るほどの実力者です。

それほどの実力をもっていながらも、自分の卓球人生に急に終止符を打ちます。理由は、伊藤美誠選手の教育・指導のためです。

伊藤美誠選手がラケットを初めて触ったのは2才の頃です。試しに美乃りさんがサーブを打ったところ、美誠選手はサーブを打ち返してきたのです。

そこで美乃りさんは、才能を感じこんなことをしている場合じゃないと、指導に専念することになったのです。その指導方法があまりにも厳しいので世間から「おかしい人」と言われたのです。

ですが、夜中美誠選手があまりにもよく寝ているので、心配になり胸に耳をあて、心臓がちゃんと動いていることを確認しホッとしたとも言っています。

やるからには徹底的にと言っていながらも実は厳しすぎたのではないかと心配していたのです。厳しく指導しながらもしっかりと愛情を持っていたからこそ成功したのかもしれません。

伊藤美誠の母、伊藤美乃りの経歴

名前伊藤美乃り
読みいとうみのり
出身地静岡県磐田市
生年月日1975年12月17日

全日本選手権大会に出場していますが、上位には入れていないようです。大会が大会ですから、実力者であることは間違いありません。

中途半端な練習方針ではなく、やるからには徹底的にと、超スパルタ練習を始めます。そのあまりにもスパルタな内容から「おかしい人」と言われていますが、結果として伊藤美誠選手はとても強くなりました。

伊藤美誠選手が強靭なメンタルなのもこのような経歴があったからです。


スポンサーリンク





伊藤美誠のプロフィールと経歴

名前伊藤美誠
読みいとうみま
出身地静岡県磐田市
生年月日1975年12月17日
身長152cm
世界ランキング7位[2019年9月国際卓球連盟発表]

2歳の終わりから卓球を始め、2008年バンビの部(小2以下)、2010年カブの部(小4以下)の全日本選手権で優勝しました。

2011年の全日本選手権・一般の部で、史上最年少勝利記録を更新、2015年、ドイツオープンのシングルスで優勝して世界最年少優勝記録を樹立し、ギネス記録にも認定されました。

2016年のリオデジャネイロ五輪では、女子団体で最年少の15歳300日で銅メダルを獲得、2018年の世界卓球(団体)では、8戦全勝して日本を準優勝に導く活躍をし、同大会の最優秀選手賞を受賞しました。

2019年1月の全日本選手権大会では、女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスで女子史上初となる2年連続3冠を果たしました。

まとめ

伊藤美誠選手の母、美乃りさんは、「おかしい人」といわれていますが、伊藤美誠選手が「2年連続3冠」を達成したので、たとえおかしい教育方針であったとしても、それは結果的「強くなるため」に、正しい方法だったのかもしれません。

その世界で生きていくと決めたら、結果が全てを語ります。伊藤美誠選手だからこそ達成することができたスパルタ教育かなと思います。

世の中色んな人がいるので、必ずしもこのやり方が正しいやり方とは断言できません。東京オリンピックではどのような活躍をするのか楽しみです。