芸能

柚香光実家が金持ちのおかげでトップに?年齢いくつなのか調査!

柚香光 実家 金持ち

次期花組トップスターの柚香光さん。

じつにお美しいですが、年齢はいったいいくつなのでしょうかね?宝塚歌劇団の方の年齢は分からないことが多いイメージですが、情報はあるのでしょうか?また、実家はとてもお金持ちらしいですのですが、実際はどうなのでしょうか?

柚香光の実家は金持ちらしい?両親の職業はなに?

柚香光(ゆずか れい)さんは、花組のメンバーで、明日海りおさんを中心とした花組の中で、2番手として明日海りおさんを支えています。

柚香光さんの実家は、金持ちらしいと噂がでています。ほんとうなのでしょうか?詳しくはわかりませんでしたが、お金持ちではなく「一般家庭である」と言われています。やはり宝塚といえば、お金持ちという考えが多いのだと思います。

柚香光さんが宝塚音楽学校へ入学するための費用のことや、後で詳しく述べますが兄弟5人を育てる経済力を考えれば、平均よりもかなり年収は高いのではないかと思います。習い事もクラシックバレエとピアノをしていたのですから、裕福な家庭だったのでしょう。

そんな柚香光さんの御両親の職業もきになるところですが、調べましたが、この点もわかりませんでした。プライペートは大切にしているのでしょう。

柚香光の年齢はいくつ?宝塚歌劇団に入団したキッカケは?

柚香光さんは1992年3月5日生まれの、27歳です。もうすぐ30代になるんですね。
ますます演技に磨きがかかってきて、見逃せない人になりそうです。

年齢がわかりましたが、宝塚歌劇団に入団したきっかけは何だったんでしょうか?

彼女は幼い頃からピアノとバレエを習っていました。牧阿佐美バレエ団で子役として、何度も出演していました。このころから、よく人前に立っていたのですね。

そして、中学校卒業まで柚香光さんはピアノとバレエばかりしていました。卒業前に母親が宝塚音楽学校の募集要項をみて、初めて宝塚の存在を知りました。その宝塚音楽学校のカリキュラムは柚香光さんにとって、とても魅力的でした。

そんなカリキュラムに惹かれて、宝塚音楽学校に入りたいと思ったのがきっかけでした。

宝塚音楽学校のカリキュラムは柚香光さんいわく『夢のような時間割』だったそうです。きっと、ダンスやバレエなどがカリキュラムに選ばれていたのでしょうね。

入りたいと思ったあとには、きちんと受験をしています。3ヶ月後には見事合格しました。


スポンサーリンク




柚香光の男役がカッコいい!モデルもやってるらしい?

宝塚歌劇団で活躍している柚香光ですが、じつはモデルもやっています。身長が171cmと高いのでモデルにはぴったりですよね。

2017年の4月にオープンしたGINZA SIXの5階にある英国ブランド「JOSEPH ジョセフ」の写真展のモデルに選ばれていました。ポスターを見てみましたが、ミステリアスな彼女の雰囲気がブランドととてもあっていました。

柚香光の本名は?兄弟はいるの?

柚香光さんの本名は、芸名にも使われています。

本名は、大塚光というらしいです。読み方は『おおつか れい』です。光という字を『れい』とは読めませんね!流行のキラキラネームですが、おしゃれで上品な響きがして素敵です。

本名の次は、柚香光さんの兄弟についてです。実際に兄弟はいるのでしょうか?

なんと、柚香光さんは5人兄弟の3番目です。姉や妹がいるのかなと思いきや、男兄弟に囲まれていました。上に兄が2人、下に弟が2人います。女の子は柚香光さんだけです。兄弟で遊ぶことも多く、柚香光さんはワンパクな女の子だったらく、毎日のようにケガをしていました。

男兄弟の中で育てば、無理もないですね。その環境があったからこそ、運動神経も鍛えられたのかもしれません。


スポンサーリンク





柚香光は新人公演の主演を3回経験してた?

柚香光さんは宝塚歌劇団に入団してから、続々と新人公演の主演をこなしています。新人公演は本公演をやっている時に、研究生7年以下がやるものです。この公演をやりきることで、トップスターになれる一歩になります。

そんなとっても重要な新人公演の主演を任されたのはすごいことですね。具体的には3つの新人公演の主演をこなしました。

2014年の『ラスト・タイクーン』は、蘭寿とむさんの退団公演で、初の新人公演の主演に選ばれました。また、2014年の明日海りおさんのお披露目公演の『エリザベート』でも、主役を演じましたし、役替わりでルドルフも演じています。

ちなみに、「役替わり」というのは、ダブルキャスト、トリプルキャストとも言われています。1つの役を数名の役者が演じることです。このことを宝塚歌劇団では、「役替わり公演」といいます。

この場合『エリザベート』では、柚香光さんが他の役者さんと、1人の役を演じたということです。

2015年『源氏物語』は、柚香光さんにとって最後の新人公演となり、新人公演は卒業となりました。

柚香光さんはこの3つの公演で、主演をこなしました。そのおかげもあり、今では花組の男役の2番手として大活躍しています。

柚香光のこれまでの経歴は?

柚香光さんはとても魅力的な人だということがわかりましたね!宝塚音楽学校に入学してからの経歴も振り返ってみましょう。

  • 2007年 宝塚音楽学校に入学
  • 2009年 宝塚歌劇団に95期生として入団。宙組公演の『薔薇に降る雨/Amour それは…』で初舞台を飾る。その後花組へ
  • 2014年 蘭寿とむさんの退団公演の『ライト・タイクーン』では、新人公演に初めて主演として出演
  • 2015年『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』で、新生花組の3番手に抜擢
    同年、台湾の公演の『ベルサイユのばら/宝塚幻想曲』では、オスカルを演じる
    また、『新源氏物語』では、3度目の新人公演の主演を演じ、この公演で新人公演を卒
  • 2017年 『はいからさんが通る』でドラマシティ・日本青年館公演初出演を果す
  • 2018年『ポーの一族』からは、芹香斗亜さんの組替えにより花組の2番手に
  • 2019年『花より男子』で2度目の東上公演の主演を務める
    同年11月25日、明日海りおさんが退団し花組のトップとなる

2007年に宝塚音楽学校に入学してから、さまざまな努力をしてきたのでしょう!今年にはついに花組のトップとなるので、さらに磨きのかかったすばらしい演技を見せてくれるでしょう。

柚香光のプロフィール

名前柚香光 (ゆずか れい)
身長171cm
血液型O型
出身地東京都杉並区
出身校区立和泉中学校
所属宝塚歌劇団 花組

171cmも身長があって、とってもすらっとしていますね!男役にふさわしいですよね。実力もありますが、ファンの方も注目する一人ではないでしょうか。

まとめ

今回は、宝塚歌劇団花組の柚香光さんについてまとめてみました。

宝塚音楽学校に入学するきっかけのエピソードは面白かったですね。また、入学してからも新人公演の主演を何度もこなしていることから、もともとの才能もあったのでしょう。

たくさんの努力をしてきた結果ですね。トップになってもますます活躍することが楽しみです。