芸能

宮沢氷魚はジミン激似の韓国ハーフ?クォーターと噂もあり!

宮沢氷魚 ハーフ

人気俳優の宮沢氷魚さんですが、ジミンさんに似てて韓国人ハーフの噂がありますね。確かに、韓国人顔っぽくて私も最初は韓国の人と思ってました。実際は本当にハーフなのでしょうか?

宮沢氷魚はジミンにそっくり?韓国人に似てる人が多い?


ドラマ『偽装不倫』で注目が集まる宮沢氷魚さん。誰かに似ていると思いませんか?ネットではBTS(防弾少年団)のジミンに似ている!と話題になっています。

写真を見てみましたら、色白なところ、面長で奥二重なところ、雰囲気なんかもとてもよく似ていました。あまりにもジミンにそっくりで、ドラマの内容というより宮沢氷魚さんとジミンの顔を重ねる事に気を取られてしまう程です。

そうかと思いつつ、巷ではジミンというか、むしろNCTのジェヒョンに似てる!という声やソ・ガンジュンにも似ているという声まで上がっています。宮沢氷魚さんは塩顔イケメン高身長ですし、美意識が高い韓国人に似ていると言われる事が多いのですね!

宮沢氷魚は在日韓国人なの?韓国人ハーフ?

宮沢氷魚さんは韓国人に似ている人が多いため、在日韓国人なのか、ハーフなのか気になるところですよね。宮沢氷魚さんは透明感あふれる見た目で、瞳も薄いブラウンですから、ハーフ疑惑が浮上するのも頷けます。

調べてみましたら、母親が日本とアメリカのハーフだそうで、宮沢氷魚さんはクォーターだという事が判明しました!韓国人ではなかったのですね。

なぜ韓国人ハーフだという噂が流れたのかというと、ドラマ『偽装不倫』の原作が韓国人の設定で、原作のみ知っている視聴者は、ドラマを観た時宮沢氷魚さんの事を韓国人だと勘違いしたところから噂が広まったからです。

宮沢氷魚さんの母親はアメリカ人とのハーフとの事ですが、両親について次に詳しくみていきたいと思います。


スポンサーリンク




宮沢氷魚の両親はどんな人?有名人らしい?


宮沢氷魚さんの父親はなんとTHE BOOMの宮沢和史さんだったのです。THE BOOMといえば、『島唄』や『風になりたい』が大ヒットしたバンドです。1986年から2014年まで活動し、現在は解散となっていますが、2017年には『風になりたい』のアナログ盤をリリースするなど、作品が今でも多くの人に愛されています。

容姿も宮沢氷魚さんと若い頃の宮沢和史さんを比べてみると驚くほど似ている事が分かりますよ。目の色が薄いブラウンなところも遺伝ですね。

そして母親はタレント・コメンテーターの光岡ディオンさん。国際基督教大学養護学部語学科を卒業していて、音楽番組やCNNニュースの日本語版のナビゲート役などを中心に活動していて、現在はタレント業をしています。容姿は確かにハーフだなと思わせる色白で綺麗なお顔立ちです。

母親はとても有名という訳ではなさそうですが、芸能活動をしていますし、両親揃って芸術肌という事ですよね。容姿も両親の良いところを丁度良く受け継いでいます!

宮沢氷魚の本名と名前の由来は?

個性的なお名前の宮沢氷魚さん。芸名ではなく本名だという事に驚きました。氷魚は琵琶湖に実際に生息していて、鮎の稚魚も「とても小さく氷のように透き通っている」事から氷魚と呼ばれています。子供に魚の名前を付ける事は珍しいですよね。

しかし氷魚はただ透き通っているだけではありません。どんな環境でも生きていける強い生物です。両親はここから「どんなに辛いことがあっても乗り越えていける人になって欲しい。」という想いから氷魚と名付けたのだと思います。

生きていれば様々な事がありますから、どんな事があっても嘘のない透明な自分で誠実にたくましく一つ一つ乗り越えていける、そんな人になれたらいいですよね。


スポンサーリンク





宮沢氷魚が芸能界に入ったキッカケは?


両親が芸能界の仕事で不在がちだった幼少期、宮沢氷魚さんは寂しさから芸能界が嫌いだったそうです。それなのになぜ芸能界に入ったのでしょう。

それは宮沢氷魚さんが中学か高校の時、父親のライブにたまたま行ったのがキッカケでした。10代の頃は反抗期があったり、友達との遊びに夢中で親とあまり向き合わないのが普通です。しかし、その時たまたま行った事が彼の人生を大きく変えます。

そこに居たのはいつも知っている休日の父親の姿ではなく、演奏と歌で観客を沸かせるアーティストでした。人々を魅了し感動させる父親がとても胸に響いたそうです。

高校卒業後はアメリカの大学に進みましたが、大学一年生の終わりに芸能界に対する気持ちが強くなり、宮沢氷魚さん本人がアメリカから履歴書を送りました。母親には面接前に相談したそうですが、父親には所属事務所が決まってから報告したそうですよ。

それは、親の力を借りず自分自身の力で芸能界入りしたかったからだそうです。よく親の七光りだなんて聞きますがそれは宮沢氷魚さんのプライドが許しませんでした。自らの行動とアピールで見事芸能界入りした宮沢氷魚さん。かっこいいですよね。

宮沢氷魚は過去に炎上騒動で番組降板してた?

そんな宮沢氷魚さんですが、炎上というワードも上がっていました。どういう事か調べてみましたら原因は2017年に放送されたTBS『オールスター感謝祭』にあるみたいです。

番組内でミニマラソンがあり、宮沢氷魚さんは芸能人チームとして青山学院大学チームと対決するという企画だったのですが、宮沢氷魚さんが次の走者にタスキを渡す瞬間青山学院大学チームの走者と接触してしまったのです。

ぶつかったら謝るとか、すまなそうな表情をするとかがあれば良かったのですが、宮沢氷魚さんは謝る雰囲気は無くヘラヘラしていた、とSNS上で炎上。さらにそのマラソンの結果は芸能人チームが勝ち、その事も炎上に火を注いだようです。

そしてその素行が原因なのか、出演していたEテレの「大人の基礎英語」をわずか三ヶ月で降板する羽目になりました。実際には番組のプログラムや方針が変わっただけとも言われているので『降板』は信憑性が低いですが、時期的に重なった為炎上による降板と噂がたってしまったようです。

何事も噂がたってしまうのは、それだけ注目が集まっているという事ですね。噂といえば、更に気になるのは彼女の存在ですよね。次にみていきます!

宮沢氷魚に彼女はいる?性格が悪いと言われてる?

過去に恋人だと噂になったのは、女優の桜井日奈子さんです。桜井日奈子さんとは「JR SKI SKI」で共演しました。「JR SKI SKI」と言えば毎回胸キュンの内容設定で出演物同士が本当の恋人同士とも思えてしまう程の仕上がりです。

それで宮沢氷魚さんと桜井日奈子さんも例に漏れず、付き合っていると噂になりました。他にも「スカッとジャパン」や「僕の初恋をキミに捧ぐ」でも共演をしていてプライベートでもご飯を食べる仲なのだそうです。本当に付き合っていたかは特定できませんでしたが、仲の良さは本当みたいですね!

ちなみに宮沢氷魚さんの好きな女性のタイプは「しっかりした性格の大人な女性」だそうです。あるインタビューで自身の事を「真面目で頑張りすぎてしまう」と言っていました。頑張りすぎると止められなくて視野が狭くなってしまうのかもしれません。そういう時は、落ち着いて助言してくれる、精神的に大人な女性に支えてもらいたいですね。

ちなみに宮沢氷魚さんは性格が悪いなどという声も見かけましたが、それは前に記述した炎上騒動で噂が尾を引いただけのようです。ただ、負けず嫌いであることは自分は認めています。負けず嫌いはいけない事ではありません。向上心の塊で今後も色々と挑戦してもらいたいですね。

宮沢氷魚のプロフィール

生年月日:1994年4月24日

出身地:アメリカ合衆国・サンフランシスコ

身長:184cm

足のサイズ:28.5cm

趣味:野球・釣り

特技:陸上・クロスカントリー・サッカー

まとめ

美しい容姿でその整った様子がまるで韓国アイドルのような宮沢氷魚さん。SNSではジミンに似ているという声が特に目立ちました。目も透き通っていて髪の毛も柔らかな色でハーフっぽさ全開ですが、実際にはクォーターで韓国人の血は入っていませんでした。かっこいい事は間違いないです。

モデルに俳優業に、これからの活躍も目が離せません!

最後までご覧頂きありがとうございました。