芸能

華優希は父親のコネでトップ娘役になれた?実家は金持ちらしい!

華優希 コネ

宝塚歌劇団、花組トップ娘役になりましたが父親のコネだと言われてしまってます。なぜコネだと言われるようになったのでしょうか?その背景には、実家がお金持ちということもあるようです。お金持ちだからコネだ、と決めつけるのもどうかと思いますが実際はどうなのでしょうか?

華優希が花組娘役トップになれたのはコネがあった?


華優希さんといえば「はいからさんが通る」で紅緒役に抜擢され活躍を見せてくれています。その華優希さんが花組娘役のトップに選ばれたのには世間がざわつきました!

仙名彩世さんが退団した後は、後任が誰になるかと宝塚ファンの中では話題が持ち切り。城妃美怜さん、音くり寿さん、舞空瞳さん・・・と実力はの娘達がたくさんいる中で、なぜ華優希さんが選ばれたのでしょう。

一部では「コネがあったんだ」と言われていますが、その理由として挙げられるのは歌唱力です。華優希さんは、のびやかで綺麗な歌声ですが、例えば城妃美怜さんの歌声と比べてみますと正直大きな差があるように思えます。

SNSでも、「こりゃダメだ」や「安定感がまるでない」などという声もあり、華優希さんが娘役トップに選ばれたのはコネだという疑惑が持ち上がったのです。

また、コネというと親の交友関係などを想像しますよね。また、宝塚音楽学校に入学するには幼い頃からバレエや歌などレッスン漬けになるのが普通です。それが叶うのには親が裕福でないと出来ません。

ということは、親が裕福でその方面からのコネがあったのでは?という噂を見かけました。次に詳しく見ていきたいと思います。

華優希の父親はどんな人?実家はお金持ち?

調べてみましたら、華優希さんの父親は、映画館の運営やエンタテイメントの事業を50年以上続く大きな会社を営んでいるらしいのです。老舗のエンタテイメント事業をやっているとなると、華優希さんがコネと噂されるのも仕方ない気がしますが、結論から言うとコネでないそうですよ。

そして華優希さんの父親はその事業だけにとどまらず、金属などのリサイクル会社も運営しているとの事で、従業員は300名程のなかなか大きな会社です。

これらの会社が華優希さんの実家だという事は実は立証されていないのですが、後に記述する華優希さんの本名の苗字がこれらの会社社長の苗字と同一なので、噂は間違い無いと言われているのです。

これが本当だとすれば華優希さんの実家は裕福だと断言してもよさそうですよね!


スポンサーリンク




華優希の父親は韓国人らしい?家族構成は?

華優希さんの父親は日本人ではないという話も耳にしました。ネットを見てみましたらどうやら父親は韓国人のようなんです。

ある韓国の新聞で「日本の関西地方にある今年創立50周年の鉄鋼会社が2014年1月にとある韓国法人の会社を設立し、その会長であるチョン・ジュンヤンさんが京都で小規模映画館を経営しています。」とありました。

この内容は正しく華優希さんの父親だと言われている会社の事なのですが、そのお名前に注目です。チョン・ジュンヤンさん。もしこの韓国の新聞の内容が事実であれば韓国人の可能性はありますが、信憑性のある情報とは言えないので正確なところはわからないですね。

また家族構成についても調べてみましたが、兄弟の有無など一切分かりませんでした。もし兄弟がいればそういった事も噂になるでしょうが、全くといって良い程情報が見つからなかったのでご両親と3人家族なのかもしれません。

一人っ子でも実家の両親からたくさんの愛情をもらえますし、だからこそ宝塚音楽学校へ入学する為のレッスン費用なども惜しみなく注げたのかもしれませんね。

華優希の年齢と本名は?立命館にも通ってたらしい?

華優希さんの本名は、巌本希(いわもと のぞみ)さんだという事が分かりました。先に記述しましたが、父親の大会社の社長疑惑もこの苗字が決定打とされています。(鉄鋼業の会社名が「巌本」とありました。)

華優希さんの年齢公表されていませんでした。ただ、2012年4月に宝塚音楽学校に入学され、2014年3月に100期生として入団しているのを考察するとおそらく1993年~1995年生まれで24~26歳ぐらいなのだと思います。

華やかな世界で活躍していますからプライベートな部分はベールに包まれているのですね。ステージに立つ方は少し謎があるぐらいが夢がありますし、興味心も深まりますよね!


スポンサーリンク





華優希と明日海りおは相性抜群?花組娘役トップ就任に世間の反応は?


2014年から花組男役トップの座を保っている明日海りおさん。明日海りおさんは89期生です。華優希さんは100期生ですから、華優希さんにとって明日海りおさんは大先輩ですね。

ちなみに明日海りおさんの身長は169cm。華優希さんは162cm。丁度良い身長差ですね!美しい並びとなるのが目に浮かぶようです。

そして華優希さんは「金色の砂漠」の新人公演や「邪馬台国の風」の公演にて、明日海りおさんが演じた役の少年時代を演じました。そのご縁もあってか、明日海りおさんは華優希さんをとても慕っていたともいいます。見た目も性格の相性も良さそうですね!
一方で、華優希さんの花組娘役トップ就任には賛否両論あるみたいです。祝福する声もあれば、
この二人のコンビ、やばい・・・と否定するような声もありました。宝塚ファンの方のみならず
、みなさんそれぞれ推しを応援したい気持ちがありますから、様々な声があがるのも宝塚界を盛り上げていくには必要な事なのかもしれません。

華優希のすっぴんとファッションが可愛い?

化粧映えすると評判の華優希さん。化粧を落としてもかわいいのか気になりますよね。さっそく調べてみましたら、すっぴんでも十分かわいいです!

舞台化粧では完璧なまでの女性らしい美しさで観客を魅了していますが、素の華優希さんはほんわかしていて色白で、ヘアスタイルもかわいいです。ふんわりと横に流した前髪が華優希さんのかわいらしさを引き立てます。

さらにファッションも女子力高めです。フワフワしたファーを首元にあしらっている画像がいくつも見つかりました。色味もピンクが多めで自分に似合っているものを分かっているという感じでした。ステージを離れても期待を裏切らない華優希さんです!

華優希のプロフィール

出身地京都府京都市
誕生日11月13日
星座さそり座
身長162cm
血液型A型
愛称はなちゃん・のぞみ
趣味読書・カフェめぐり
特技テナーサックス
初舞台2014年3月「宝塚をどり」
好きな色ピンク・水色
好きな花ラナンキュラス・バラ
好きな食べ物お肉・果物・チョコレート
コレクションご当地キューピーと髪飾り

2012年4月に宝塚音楽学校に入学されました。同期は、星風まどかさん・音くり寿さん(おとくりす)・天彩峰里さん(あまいろみねり)・聖乃あすかさん・風間柚乃さん(かざまゆずの)・極美真さん(きわみしん)です。

2014年3月に宝塚歌劇団に100期生として入団されました。成績は23番で、初舞台は月組公園の「宝塚踊をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!」です。

2015年2月に、花組に配属されます。その年に台湾公園「ベルサイユのばら/宝塚幻想曲」の再下級生として選抜メンバーに選ばれました。

2017年には「邪馬台国の風邪」で新人公演ヒロインに抜擢されて、さらに同じ年に「はいからさんが通る」(ドラマシティ・日本青年館公演)でヒロインに抜擢されました。

2019年には「CASANOVA」で新人公演ヒロインに。4月には明日海りおの相手役として花組トップ娘役に!これから益々活躍されることでしょうから注目ですね!

まとめ

華優希さんが花組娘役トップに抜擢された際には宝塚ファンから驚きの声があがりました。華優希さんの父親の交友関係のコネなのでは、という疑惑も浮上するぐらいでしたが実際にはそうではなく、華優希さんの持ち前の華やかさとオーラがトップの座を勝ち取ったのです。

否定的な声に負けず、これからも宝塚界を盛り上げていってほしいですね!応援していきたいと思います!

最後までご覧頂きありがとうございました!