芸能

宮沢氷魚がかっこよくないと言われる理由は!?モデルで高身長イケメン?

宮沢氷魚 かっこよくない

俳優の宮沢氷魚さんですが、かっこよくないと言われています。普通にかっこいいと思うのですが…私は、最初韓国出身のかたなのかな?と勘違いしてしまいました笑

宮沢氷魚さんは高身長でかっこいいと思っていますが、かっこよくないと言われる理由がわからないので調べました!

宮沢氷魚はかっこよくないと言われてるの?ネットの声は?


宮沢氷魚さんは、ネットでは「宮沢氷魚って、かっこよくない?」と多くの方たちから、かっこいい顔に見えるよねと同意を求めるような書き込みがされています。

つまり、ネットでは、かっこ悪いという意見ではなくて「かっこいい男に見えるよね」と同意を求めているだけなのです。

実は、宮沢氷魚さんの母親は光岡ディオンさんです。光岡ディオンさんは日本人とアメリカ人のハーフなので、宮沢氷魚さんはクォーターになります。クォーターは、外国人の血が全く流れていない日本人とは違う雰囲気があるので、独特の雰囲気があります。

独特の雰囲気が、他の日本人とは違って見えるので、思わず「宮沢氷魚って、かっこよくない?」と同意を求めたくなるのでしょう。

宮沢氷魚の身長体重は?高身長で英語ペラペラ?

宮沢氷魚さんは、身長が184cmもありますが、この辺りはクォーターが大きく関係しているのでしょう。

なぜなら、WikipediaのList of average human height worldwide(世界の平均身長表)によれば、日本人男性の平均身長が172cmになっているのに対して、アメリカ人男性は176cmもあるからです。

昔から、日本では三高(高学歴・高収入・高身長)は、女性から好感を抱かれる条件として有名だったので、宮沢氷魚さんがかっこよくない?と騒がれるのも納得です。

宮沢氷魚さんは、身長が184cmもありまが、体重は70kg程しかありません。身長が高いのに、あまり体重がないので、モデル並みのスタイルと言っても過言ではないでしょう。

宮沢氷魚さんは、実は英語がペラペラと喋られるほど、英語力が高いです。身長だけではなく、英語力まで高ければ「宮沢氷魚って、かっこよくない?」と話題を集めるのも無理はないでしょう。


スポンサーリンク




宮沢氷魚の芸能界デビューキッカケは?


宮沢氷魚さんが、芸能界にデビューしたキッカケは、本人が自ら履歴書を事務所へ送った事から始まりました。

しかし、宮沢氷魚さんは日本の芸能界にあまり良いイメージを持っていなくて、アメリカの大学で通学している時に、少しずつ芸能界に対する気持ちが強くなっていきました。

なぜ、芸能界にあまり良いイメージを持っていないのかと言えば、実は父親が元THE BOOMの宮沢和史さんで、仕事が忙しくて家にあまりいなかった事が関係していたからです。

芸能人の二世では、よくある話ですが、親の力を借りたくないと思っていて、父親には所属先が決まってから芸能界デビューを報告したのです。この辺りは、父親のコネでデビューした訳ではないので、実力派の芸能人という感じがします。

宮沢氷魚は芸名か本名かどっち?名前の由来は?

宮沢氷魚さんの名前は珍しいので、芸名と思ってしまうかもしれませんが、実は本名で、氷魚は『ひお』と呼びます。

氷魚は、実在する魚で、冬の時期に、琵琶湖で摂る事ができる鮎の稚魚です。氷魚は全体的に透き通っていて、氷のように見える事から、氷魚と呼ばれています。

宮沢氷魚さんの父親は釣りが好きなので、氷魚を知っていても不思議ではありません。実際に、父親の宮沢和史さんは、環境の厳しい琵琶湖でも生きられる氷魚に注目して、どのような苦しい状況でも生きられるようにという願いを込めて氷魚と名付けたのです。

名前が少し変わっているので、かっこよくないと思ってしまう方は多いかもしれません。しかし、名前の由来を聞いたら、厳しい芸能界でも生き残れるような感じがするので、名前までかっこよくない?と言いたくなります。


スポンサーリンク





宮沢氷魚に彼女はいる?炎上騒動があった?


宮沢氷魚さんが、かっこよくないと言われるのは、実は炎上した事も大きく関係しています。ネットで炎上した原因は、TBSテレビ『オールスター感謝祭』の赤坂ミニ駅伝で、他の走者と接触したと思われたからでした。

ネットでは、走者にワザと接触して勝とうしたのではないかと批判の声があがってしまって、炎上する騒ぎに発展してしまったのです。卑怯な手段を使って、勝ったと思われてしまったので「宮沢氷魚は、かっこよくない」と批判する方が増えてしまいました。

そのため、宮沢氷魚さんのかっこよくないという言葉には、かっこいいという意味もあれば、かっこよくないという意味まであります。しかし、テレビの映像で接触しているかのように見えても、怪我をしていないので、本当に接触したとは言い切れません。

最近では、少しの事でもテレビ局やネットにクレームをつける方が増えているので、この辺りは芸能人の辛い所と言えるでしょう。

宮沢氷魚の過去出演作品はなに?

宮沢氷魚さんは、多くのテレビドラマに出演してきて『ドドメの接吻』や『賭ケグルイ Season2』で活躍してきましたが、特に話題集めたのが『コウノドリ 第2シリーズ』です。実は、コウノドリは、宮沢氷魚さんにとって、俳優としてのデビュー作です。そのため、コウノドリで、初めて宮沢氷魚さんを知った視聴者が多くいた事でしょう。

テレビドラマに出演しても、ゲスト出演の場合には1〜2話程度しか出演できませんが、宮沢氷魚さんの場合にはレギュラー出演でした。若いのに、テレビドラマに抜擢された理由は、ドラマ企画の鈴木早苗さんが「宮沢氷魚さんの持つ雰囲気にある」と説明しています。

確かに、クオーターでもある宮沢氷魚さんは、他の日本人とは違う雰囲気があるので、その魅力に惹かれてしまうのは納得です。


スポンサーリンク




宮沢氷魚のプロフィール

本名宮沢氷魚
生年月日1994年4月24日
出身地アメリカ合衆国
血液型非公開
身長184cm
体重70kg程
出身大学国際基督教大(ICU)
事務所レプロエンタテインメント

 

宮沢氷魚は、アメリカに留学した事もありますが、日本の国際基督教大(ICU)を卒業しました。この大学は母親と同じ大学なので、その辺りも大きく関係しているのかもしれません。

レプロエンタテインメントには、ハーフのマギーさんや、芸能人二世の秋元梢さんたちが所属しています。

クォーターで、芸能人二世の宮沢氷魚さんにとっては、自分と似たようなタレントが多く在籍しているので、環境の良い事務所に在籍できたと言えるでしょう。

まとめ

宮沢和史さんは、ネットでは、かっこよくないと書き込まれていますが、それはかっこいいと思わない?と同意を求める意味が込められています。

テレビ番組で炎上して、一部の方からは「やり方が、かっこよくない」と思われていますが、それは誤解している可能性が高いです。そのため、宮沢和史さんの性格や容姿が悪いという訳では、ありません。

誤解さえ解かれたら、あなたにも宮沢和史さんの本来の魅力が分かってもらえると思うので、これからは暖かく見守ってくれる方が増える事を願います。