芸能

相席スタート山崎ケイは柏市出身?出身高校はどこ?

相席スタート山崎ケイ 高校 どこ

お笑い芸人コンビ相席スタート山崎ケイさん。ネタも面白くさらに、可愛いと言われています。ちょうどいいブスとも言われている相席スタート山崎ケイさんの出身が柏市のようです。出身高校がどこかなども調べられているようなので今回は、相席スタート山崎ケイさんの柏市出身の噂と出身高校がどこかをまとめました。

相席スタート山崎ケイの出身は柏市?柏市出身の情報はある?

https://twitter.com/Uk8967EFC3QVcwW/status/1138824583388123137

男女お笑いコンビ芸人「相席スタート」の女性でボケ担当である相席スタート山崎ケイさんですが、今まではあまりハッキリと出身地が明かされていなかったようです。

人気度が高まるに伴い細かいプロフィールが明らかになっていきましたが、吉本興業の公式プロフィールには、出身地の欄に千葉県柏市と記載されているので、出身地は柏市であると明らかになっています。

相席スタート山崎ケイの出身高校や大学はどこ?

相席スタート山崎ケイさんはとても秀才であることが有名ですね。

出身大学はなんと早稲田大学第一文学部(現在の文学部)で、偏差値は68と言われています。超難関です。すごいですね…!実は大学入試前の模試ではE判定を受けており、入学が困難だと言われていたのだそうですが、勉強に勉強を重ね見事に合格してらっしゃるので、もともとの頭が秀才的な勉強脳だと言えると思います。

ではそんな超難関大学に合格した相席スタート山崎ケイさんの出身高校はどちらなのでしょうか。

現在、事実は明らかになっておらず、“非公表”となっているのです。しかし相席スタート山崎ケイさんのTwitterでは「取手市の高校に通っていました」と、地名がご本人の口から明らかになっています。

取手市とは千葉県の隣県である茨城県取手市です。取手市内の偏差値の高い高校を検索してみると、どうやら“江戸川学園取手高校”が有力ではないかと思われ、千葉県からも難関大学を目指す学生たちの進学校となっているようです。非公表となっているので実際の出身高校は不明ですが、この説が有力ではないでしょうか。

出身高校は明らかにしていませんが、高校時代のご自身のエピソードがあります。

以前、相席スタート山崎ケイさんが出演した某番組で「実はあまり頭が良くなくて、クイズ番組に出演した時も全然答えられなかった」「高校時代はかなり暗くて、クラスの底辺の男子たちが私と握手することが罰ゲームになっていた。底辺の男子から見ても私は底辺なのかと思ったら面白くなっちゃって。そこからだんだん明るくなりました」と語っています。

頭が良くない…とは言え難関校に2回も合格してらっしゃるのでかなり謙遜されているかと思いますが、高校時代に受けていた扱いを自身の笑いに変えてしまうところは、今の“お笑い芸人”という職業のルーツのように感じられますね!

ちなみに江戸川学園取手高校の偏差値は70と言われています。こちらの高校に入学するのも難関だったことでしょう…。


スポンサーリンク




相席スタート山崎ケイの出身中学と小学はどこ?

その難関高校に入学した相席スタート山崎ケイさんの出身中学も事実は不明ですが、有力候補としては、高校と併設されている江戸川学園取手中学校の出身ではないかということです。江戸川学園は私立校なので、もし江戸川学園取手中学校の出身であれば、中学も恐らく受験をされたのでしょう。

しかし中高一貫ではないため出身中学は地元という可能性もあるので、やはり事実関係は不明です。中学時代に「自分の価値観を押し付けるな」と言われたことがきっかけで、人は皆一緒じゃないんだということに気が付いたと語っています。

どのような経緯があってそう言われたのかは不明ですが、中学生ながら大人な気付きをされていたようですね。

そして中学時代は読書が好きだったという相席スタート山崎ケイさん。太宰治の著書をよく読んでいたそうです。

更にさかのぼり出身小学校ですが、こちらは調べても明らかにはなっておらず出身小学校は不明でした。おそらく地元である柏市の公立小学校ではないかと思います。しかしご本人曰く、小学生時代から人見知りが激しかったので友達が少なかったと仰っています。

相席スタート山崎ケイの大学時代は暗かったらしい?

大学生といえば成人してお酒を飲めるようになったり、高校を卒業して髪の毛を染めてみたり、お化粧をしてみたり、男性にとっても女性にとっても楽しい学生ライフのイメージが強いですよね。

高校時代の暗かった性格が徐々に明るくなったというエピソードがありましたが、そうとはいっても明るくなりきれず暗いまま高校を卒業し大学に進学されています。

そして進学後に暗い性格を明るくするために演劇サークルに入り舞台にも立った経験があるそうです。その演劇サークルがお笑い寄りだったようなので、当時お笑いブームだったこともあり、その頃からお笑い芸人を目指すことに決めたと明かしています。

しかし結果友達はひとりもいなかったとご本人が明らかにしています。サークルに入り舞台に立った経験もあるので人とのコミュニケーションは取っていたと思いますが、相席スタート山崎ケイさんにとって“友達”と呼べる存在がいなかったのかなと思います。

しかし大学時代には彼氏がいた経験もあったとのことなので、相席スタート山崎ケイさんなりに大学生活を楽しめていたのではないでしょうか。


スポンサーリンク





相席スタート山崎ケイはダイエットに成功した?どんなダイエット?

相席スタート山崎ケイさんは「人気芸人にイタズラ!仰天ハプニング120連発」というバラエティ番組にて「63kg」と公表していた体重をドッキリで体重計に乗せられ「70kg」であったことが明らかにされてしまいました。つまりはサバを読んでいたということですね(笑)

これがきっかけだったのかはわかりませんが、相席スタート山崎ケイさんはダイエットを開始します。その名も「セブンデイズカラーダイエット」。このダイエットはそもそも某番組の「ガチダイエットダービー」という番組の企画なのだそうです。

“ダービー”という名が付いているだけあって、誰が一番痩せられるのかを競う企画になっています。競争心を煽るダイエット法というわけですね。では相席スタート山崎ケイさんが挑戦した「セブンデイズカラーダイエット」とは一体どんなダイエット方法なのでしょうか?

その名の通り、一週間毎日違う色の食材を食べます。タンパク質を必ず摂取し一日三食必ず食べるというのが基本ルールです。(ちなみに日曜日に食べる食材の色は自由なのだそうです)このように曜日に色を分けて食事を摂ることで、必然的に栄養バランスが整えられダイエットに繋がるのだそうです。

ちなみに相席スタート山崎ケイさんのセブンデイズカラーダイエットの曜日ごとの摂取食材は以下のとおりです。

  • 月曜日:「白」(じゃがいも・玉ねぎ・もやし・ニンニク・マッシュルームなど)
  • 火曜日:「赤」(トマト・赤ピーマン・スイカ・りんご・いちご・唐辛子など)
  • 水曜日:「緑」(レタス・キャベツ・ほうれん草・きゅうり・アスパラガスなど)
  • 木曜日:「橙」(にんじん・かぼちゃ・みかん・柿など)
  • 金曜日:「紫」(なす・紫キャベツ・ぶどうなど)
  • 土曜日:「黄」(パプリカ・トウモロコシ・バナナ・レモン・グレープフルーツなど)
  • 日曜日:自由

野菜や果物などが中心になるので、確かにこれらの食材を使用した料理を作ることを意識したら一日三食野菜をしっかり摂取することができますよね!この食材を使った料理を作り、一日三食食べるようにしたところ、-3.7kgのダイエットに成功したのだそうです。

一日三食の料理を作り、さらにはダイエットも成功しています。さらにその後、どのようなダイエット方法かは不明ですがさらにダイエットを続けトータルで-10kgのダイエットに成功しています。すごいですね!痩せてミニスカートが履けるようになったのだそうですよ!

相席スタート山崎ケイの恋愛テクニックがすごい?彼氏はいる?

相席スタート山崎ケイさんが人気のきっかけになったのは、独自の目線で語る「恋愛テクニック」ではないでしょうか。男性から「ちょうどいいブス」と言われるようになったそうですが、その“ちょうどいいブス”が魅力的であり魔性的となったようですね。

雑誌の取材にて、恋愛がうまくいかない女性たちに対しアドバイスをする企画がありました。“ちょうどいいブス”というワードに救われたという女性の声もあるようですが、恋愛においてはブスよりも美人の方が圧倒的に有利だと相席スタート山崎ケイさんは語っています。

確かにその通りではありますよが、「美人の人は話がつまらないことが多いんです。だからこそ美人とは違う“面白い話”という武器を使って戦うことをオススメします!」と語ります。そのような思考にたどり着いたのは、記事冒頭でも語った学生からのルーツがあるようです。自分の存在価値や自分が何をすれば必要とされるのかを考えた結果なのだそうです。

美人で面白い方も中にはいますが、その人は自分の存在位置をよくわかっている人で、そういう人はみんな面白いと語っています。

さらに相席スタート山崎ケイさんは「恋愛ブスになるな」と語ります。束縛したり、SNSで相手のことを調べ上げたりツラいと感じる恋愛をやめ、自分にツラい恋愛は人生経験としては必要であっても、自分の幸せとマッチしている恋愛ができるかどうかが重要だと語っていました。

とても説得力のある言葉だと感じました…。ほかにも“正直に言っちゃう作戦”や家でゴロゴロせずにどんどん外に出るなど、数々の恋愛テクニックを積極的に実行し、恋愛に悩める女性たちに発信をしているようです。

相席スタート山崎ケイさんの著書「ちょうどいいブスのススメ」も発売中で、この本に数々の恋愛テクニックの詳細が執筆されています。気になる方は、ぜひお手に取ってみてください!

そんな恋愛テクニックの申し子、相席スタート山崎ケイさんですが、現在お付き合いしている男性はいないそうです。絶対にいそう!と思っていただけに、ちょっと驚きました。

テクニックを探るために特定の男性を作らないのか、現在はお笑い芸人のお仕事を頑張っていらっしゃるからなのか…とはいえきっとモテる女性だと思うので、熱愛の情報が入ってきてもおかしくはないですよね。


スポンサーリンク





相席スタート山崎ケイがちょうどいいブスと言われるようになったのはいつから?

“ちょうどいいブス”と言われるようになったのは、先輩芸人から「お前自分のことブスじゃないと思ってるかもしれないけど、ブスやからな」と言われ、別の先輩が「ケイちゃんはブスの中でもちょうどいいブスだけどね」とフォローを入れてくれたのがこの言葉の生まれたきっかけなのだそうです。

自身のことをブスだと思ってはいなかったようですが、ちょうどいいブスならいいかなと腑に落ちたそうです。ただ相席スタート山崎ケイさんご自身は「ブス」という言葉が強すぎるために、好きではない言葉だと言います。

「ブス」に代わる言葉を探しましたが、「ブス」という言葉の強さが人を引き付けることもあると言います。自分が心地よく、相手に不快感を与えずにいれる立ち位置を言語化すると「ちょうどいいブス」だったと語っています。咄嗟に先輩の口から出た言葉ですが、相席スタート山崎ケイさんによってとても深く意味のある言葉になっていったのですね。

相席スタート山崎ケイのプロフィール

氏名 山崎ケイ(やまざきけい)(本名:山崎恵)
生年月日 1982年6月13日
出身 千葉県柏市
身長 163cm
体重 70kg(ダイエットに成功しているので、本当はもっと少ないかと思います)
所属 よしもとクリエイティブ・エイジェンシー

元東京支社NSC13期生の相席スタート山崎ケイさんは、現在「相席スタート」というコンビ名で活躍しており、相方は山添寛さん(ツッコミ担当)です。

山添さんとコンビを組む前は“BB”という芸名の方とコンビを組んでいた経験があるそうです。同期には田畑藤本やピスタチオ、尼神インターなどがいます。

“ちょうどいいブス”をはじめとした、“美人ではないがブスではない女””いい感じの雰囲気を出している女”などのキャッチフレーズで親しまれています。趣味は旅行・食べ歩き・料理・他人の恋愛の悩みを解決することです。

同時期に前のコンビを解散した二人は、解散したその日に知人に紹介されコンビを結成。2014年から出場しているキングオブコントでは準決勝まで進出し、2016年にはM-1グランプリ決勝で10位などの成績を収めています。コンビ名に因んだ相席からスタートする恋愛ネタに磨きをかけ続けている今後注目すべきコンビです。

まとめ

特に女性から“恋愛テクニック”において数々の支持を集めている相席スタート山崎ケイさん。今やその魅力に男性からの支持も多く集めているのではないでしょうか。

ご自身の幼少期から学生までの経験を活かしてお笑い芸人になり、さらに対人関係の悩みや経験を恋愛に活かし、現在の相席スタート山崎ケイさんのキャラクターが成り立っているように思います。

自分のキャラクターや立ち位置について、自分自身についてをよく考え解析し現在のキャラクターを成り立たせているのは、相席スタート山崎ケイさんの頭の良さもきっと相まっているのでしょうね。

お笑い芸人活動の方ではキングオブコント準決勝にまで進む実力を持ち、THE MANZAIでは決勝進出経験もあるので、これからの活躍に期待をしたいと思います。

そして恋愛で悩める女性は世の中にたくさんいると思うので、これからも女性の一番の味方的な存在であってほしいと思います!

以上、相席スタート山崎ケイさんのまとめでした。