芸能

小倉優子の子供が受験したとこはどこ?小学校はどこか調査!

小倉優子 子供 小学校

ママタレで人気の小倉優子さん。シングルマザーで子育て頑張っていますが子供が受験した小学校はどこなのでしょう?SNSに厳しいところという噂はありますが、そんな小学校あるんですかね?今回は、小倉優子さんの子供がどこの小学校に通っているのかをどこを受験したのかまとめました。

小倉優子の子供の名前や画像は?

不思議キャラを卒業し、ママタレとして活躍中の小倉優子さん。最近では2度目の純白ウエディングドレスを披露し、世間を騒がせています!賛否両論ありますが、二児の子供を育てるお母さんであることは変わりありません。苦労を乗り越え、日々奮闘する姿をみている子供達について掘り下げていこうと思います!

まず、子供の名前ですが長男は「奏太(そうた)」くん。『奏』という漢字は演奏する姿やゆったりとした印象をもちます。字面や響きも良いですね!そして下の子供・次男の名前ですが、非公表となっています。一部では「ゆうと」くんという名前なのでは!?という声も上がっていますが、それはゆうこりんの子供だからゆうとくん、という誰かの創作話みたいです。

そして気になる子供達の顔ですが、ネットで画像を調べてみてもすべてスタンプなどで加工されていて隠されていました。でもきっとかわいいイケメンなんでしょうね!

小倉優子の子供が受験した小学校はどこ?シングルマザーは受験に不利らしい?

芸能人の子供といえば公立の小学校に通うイメージがあまりありません。悪目立ちしたりプライバシーを保つことが難しかったり、また、大きくなってから芸能人にさせたい場合は公立だと更にやりにくい問題もでてきそうですしね。

では小倉優子さんの子供はどこの小学校に受験したのでしょう。調べてみましたら小倉優子さんは都内の名門大学付属の難関私立小学校を受験させたそうです。お受験というとシングルマザーは不利になる事もあるみたいですし、経済的にも大変になりますから、後に記述する再婚もこの頃に視野に入れたのかもしれません。

では具体的にどこの小学校を受験させたのかは色々な説が飛び交っていて、実際には非公開になっているんです。『名門大学付属の難関私立小学校』と言われていますから芸能人の子供が受験しているのはどこかなと考えつくのは、「慶応」「立教」「青山学院」「成城学園」「早稲田」・・・。調べていく中で受験の入試内容と合致しているのはどうやら「早稲田実業学校初等部」だけみたいなんです。入試内容は次に記述していきます!


スポンサーリンク





小倉優子の子供が通っている小学校はどんなところ?

View this post on Instagram

平成最後のゴールデンウィーク✨ 皆さんは、どのようにお過ごしでしょうか😊 前半は、家族でのんびり過ごしています‼️ 平成の半分以上を芸能界で過ごした本当に未熟だった私は、主人とお付き合いを始めた頃に 「私、ジェットコースターみたいな生き方をしていますね笑」 と言ったら 「僕は山手線のような生き方をしてきたので、これからは山手線に乗ってくださいね笑」 と笑い合ったのを思い出しています✨✨ 新しい時代は、全てに感謝の気持ちを忘れずに穏やかに毎日が過ごせるように生きていきたいです💕 ただ、全てに感謝とは簡単そうで難しい🤣🤣 なので、自分で気を付けながら忘れないようにしないです笑😆😆 あと残り少し❗️❗️ 最後の平成を感じたいと思います✨✨

A post shared by 小倉優子 ☆ゆうこりん☆ (@ogura_yuko_0826) on

早稲田実業学校初等部に通っている説が有力なんですが、小倉優子さんの子供が受験に合格したと言われる小学校の入試内容は以下のようなものだそうです。

・名門大学の付属である難関私立小学校

・学費は初年度で100万超、年間平均だと130万以上。

・校則としてブログやSNSに対して厳しい。小学校行事や制服写真、学校に関する記述も不可。「子の人生を守るためのフィルタリング」と題する書類があるそうで違反すると厳重に注意される。

・筆記の第1次試験の合格者に保護者との2次面接がある。

これらをすべて満たすのは「早稲田実業学校初等部」のみ!ですからここに通っている通っている可能性大ですね!

小倉優子の子供が通っていた幼稚園はどこ?幼児教育がすごい?

難関の私立小学校の受験に晴れて合格した子供ですが、修学前に通っていた幼稚園はどこなんでしょう。こちらもネットで色々な噂を見かけました。「成城」?「若草?」しかし一番有力なのは世田谷区にある「ドミニコ幼稚園」みたいです!

週刊誌に撮られたであろう写真がありました。そこには幼稚園バッグをもつ母親の顔の小倉優子さん。手にもっている幼稚園バッグは紛れもない創立63年のドミニコ幼稚園の園バッグだという事が分かりました。世田谷の幼稚園だなんてまさに芸能人の子供!という感じですよね!

また、小倉優子さんは先程記述した小学校の受験のことから分かるように教育熱心だという事も分かります。上の子供は幼い頃からいくつかスクールに通っていたそうですよ!

1つ目はリトミック。0歳の時から習っていたそうです。リトミックとは音楽に合わせて歌ったり踊ったりすることで基本的な音楽能力だけでなく一般教養や子供達が個々に持つ「潜在的な基礎能力」の発達を促す教育です。0歳の時はママと離れられない、話もできない、泣いてしまって授業どころではない時もある時期ですしスクールに通わせるだけでもママとして大変だったでしょう。

2つ目はプレスクール。就園前から幼稚園という場に慣れていき、教養も身に着けていくというもの。英語・音楽・スポーツを遊び感覚で学んでいきます。しかし、世田谷区の名門幼稚園ですし入会金、年会費、月謝で相当な額がかかったと思われます。

仕事に幼児教育に毎日の家事に・・・全力に取り組んでいて脱帽ですね!


スポンサーリンク




小倉優子が元旦那と離婚した理由はなに?

小倉優子さんは2011年にカリスマ美容師の菊地勲さんとハワイで挙式を挙げ、結婚生活がスタートしましたが、2017年3月3日に離婚しました。

菊地勲さんはカリスマと呼ばれるぐらいの腕前でSMAPや氷室京介さんなども担当したことがあるそうで年収も8000万円以上らしいのです!しかし小倉優子と結婚する前にも離婚歴がありました。カリスマですから多忙なのはもちろんの事、イケメンですし交友関係も派手なのでしょうね。2016年3月に小倉優子さんの所属する事務所の後輩であるアイドルユニット「ユルリラボ」の馬越幸子さんと密会を重ねていたことを週刊文春で取り上げられていました。

それも小倉優子さんは2人目を妊娠中の出来事でした。妊娠中はつわりだけでなく、ホルモンバランスのせいで不安感やイライラが募りやすいのが普通です。その上、上の子の育児もお世話やさらにお仕事も抱えていたとなると、小倉優子さんのストレスはMAXだったでしょうね。これが小倉優子さんが離婚を決意した理由そのものなのかと思います!

小倉優子が再婚した相手は誰?

2017年に元旦那の浮気が原因で離婚した小倉優子さん。その際「一人を愛することが難しいなら私は1人でいきていった方がいいのかな」というネガティブな発言も見かけました。それから一転、2018年12月15日の小倉優子さんのブログにて一般の方と再婚することが発表されました。急展開ですね!タイミングというのは不思議なもので、丁度巡ってきた良い運命だったのでしょう。

しかし男性に対して失望していたと思われる小倉優子さんでしたが、何が再婚の決め手となったのでしょう。調べてみましたら、きっかけは子供達だったそうです。交際当初から子供達と仲が良く、子供第一で考えてくれる男性なんだそうです。子供達の方からパパになってほしいとせがむこともあったそうですよ!

また誠実でどんな話も聞いてくれるそうです。女性にとって「話を聞いてくれる」、そしてママにとって「子供達の事を考えてくれる」は重要です。男性として器が大きいですね!魅力的な方だというのが手に取るように分かります。

さてこちらの再婚相手ですが、板橋区にある「シマデンタルクリニック」の院長だそうです。クリニック内もおしゃれで、口コミも良く技術面も評価されているコメントもありました。また、顔はノンスタイルの井上さんとフットボールアワーの岩尾さんを足して2で割ったような感じだと報道されていました。

気になってネット上で画像を調べました。顔はハッキリとは写っていませんでしたが、清潔感が溢れ、若々しくスラっとした体形で思ったよりイケメンなのでは!?と思わせる風貌です。子供を肩車したりして仲が良い様子も伺えました。

誠実な男性で、2児の子供達も覚悟と愛情をもって関わってくれ、仕事もしっかりこなせるデキる男性ですね!今後は笑顔溢れる穏やかな家庭を過ごしてほしいですね。

小倉優子のプロフィール

  • 生年月日:1983年11月1日
  • 年齢:35歳
  • 出身地:千葉県
  • 血液型:B型
  • 身長:162㎝
  • 職業:タレント 女優
  • 所属事務所:プラチナムプロダクション

まとめ

「こりん星」からきたゆうこりん、不思議キャラを思い切って卒業し、ママタレで活躍!一時はシングルマザーになって頑張る様子に世間のママからの支持も増えました。子供の小学校がどこなのか、受験したのはどこなのか、と子供についても世間からの関心が高まっています。注目されている証拠ですね!お料理もプロ並みの腕前でレシピ本も出版するなど、多方面に渡って活躍されています。今後もがんばってほしいですね!

最後までご覧頂きありがとうございました!