スポーツ

田中将大(ヤンキース)子供時代からヤバかった?子供も既に大きい

メジャーで活躍されている田中将大選手の子供時代や子供が大きいことについて気になっているかたがいるようです。今回は、田中将大選手の子供時代や子供が大きいことについてまとめました。

田中将大選手(ヤンキース)は子供時代から活躍してた?小学生の時の活躍は?

田中将大選手は、東北楽天イーグルスの不動のエースとして大活躍した後、メージャーリーグに挑戦し、現在ニューヨークヤンキースにピッチャーとして活躍中です。日本を代表する投手として現在世界を舞台に大活躍していますが、そんな田中将大選手の子供時代は、もちろん生粋の野球少年で将来有望な少年でした。では、そんな田中将大選手は子供時代にどんな野球生活を送っていたのでしょうか。

小学生時代、田中将大選手は出身地でもある兵庫県伊丹市の野球チーム「昆陽里タイガース」に所属していました。田中将大選手は、小学1年生から野球を始めたのですが、野球チームの練習の見学に行った際、監督にバットを渡されて打撃練習に参加したのですが、当時全くの素人だった田中将大選手がボールを上手くミートし、野球の才能の片鱗を見せていたそうです。現在、田中将大選手といえば日本屈指のピッチャーとしてのイメージが強いですが、小学生時代は持ち前の肩の強さや打撃力を評価され、キャッチャーのポジションに置かれていました。

そしてなんと、現読売ジャイアンツの坂本勇人選手とバッテリーを組んでいたそうです。打撃練習の際には、小学校の校舎の窓を何度も割りそうになるような力強いバッティングを見せていて、打撃力にはかなりの定評があり、4番打者として活躍していました。現在でもピッチャーながらバッティングにはある程度定評があるのですが、やはり才能からきているようですね。小学生時代では、現在のようにピッチャーとしてではなく、キャッチャーとして坂本勇人選手とバッテリーを組み、また、4番打者として大活躍していたようです。

田中将大選手(ヤンキース)は子供時代から凄い?中学時代の活躍とエピソード!

中学生になると、田中将大選手は地元の野球チーム「宝塚ボーイズ」に入団します。田中将大選手にとって、ここでの野球経験が非常に大きな財産となったそうで、「宝塚ボーイズに入っていなかったら、今の自分はない」と田中将大選手自身が語っています。現在のような、ピッチャーとしての田中将大選手が生まれたのは中学1年生の秋で、「肩の強さと肩周りの良さ」や「キャッチャーとしては動きが鈍い」との理由から投手へと転向します。

転向してからはすぐにピッチャーとしての才能を発揮し、力のあるストレートやキレの良い縦のカーブをすぐにマスターしてしまいます。しかし、こんなもので田中将大選手の野球センスがとどまることはなく、「金属バットは当たってしまうと簡単にヒットになる」とのことから、空振りを取れるボールが欲しいと、新たな変化球マスターに取り組み出すと、中学2年の秋に、現在でも田中将大選手の伝家の宝刀である「消えるスライダー」をマスターします。

野球の才能を遺憾なく発揮し、チームの大黒柱だった田中将大選手ですが、地区大会ではいつも決勝で敗れ、全国大会には一度も出場できませんでした。当時のボーイズリーグでは、現ロサンゼルスドジャースに所属する前田健太選手などが注目を集めており、自分よりも注目されている選手を見て「自分ならもっとできる」と悔しさをバネにさらにトレーニングに励んだようです。どれだけ注目されている選手がいても、自分よりも格上とは思わないハングリーな精神が現在の田中将大選手を形成してきたのでしょう。


スポンサーリンク





田中将大選手(ヤンキース)の子供が大きいらしい?子供は何人で名前は?

View this post on Instagram

考え事。。。 【カメラ意識しているだけwww📷】

A post shared by Masahiro Tanaka (@masahiro_tanaka.official) on

ニューヨークヤンキースに所属し、メジャーリーグを舞台にピッチャーとしての活躍している田中将大選手ですが、2012年にタレントの里田まいさんと結婚しました。2016年には待望の長男が誕生し、田中将大選手2世になるのかと、世間の注目を集めています。では一体どのようなお子さんなのでしょうか。

田中将大選手の子供の名前は「将太郎」だと言われておりますが、確かな情報ではないためなんとも言えません。田中将大選手は身長190.5cmの大柄な選手ですし、奥さんの里田まいさんも身長160cmと背の高い女性です。すので、遺伝子的にも大きな子供が生まれるのでは?と言われていました。

田中将大選手(ヤンキース)の子供が大きい?身長体重や写真はある?

田中将大選手の子供の出生時の体重は3360gと、少し大きいぐらいの赤ちゃんでした。ですが、生後5ヶ月になると体重が9.5kg程あったそうです。生後5ヶ月の子供の体重は6kg前後が平均的な体重ですので、かなり大きな少年に成長しました。

2歳の頃には、身長90cm、体重15kgにまで成長し、足のサイズも16cmほどになったそうです。このまますくすくと成長すれば、田中将大選手のような立派な体格の持ち主になるでしょうね。


スポンサーリンク




田中将大選手(ヤンキース)と嫁・里田まいさんとの馴れ初めは?

田中将大選手と里田まいさんの出会いは、プロ野球選手の運動会でした。まだ田中将大選手が楽天ゴールデンイーグルスに在籍していた頃、2009年の12月に大阪城ホールで収録が行われた日本テレビの特番「プロ野球オールスタースポーツフェスティバル」で、田中将大選手は楽天ゴールデンイーグルス代表として、里田まいさんは番組司会としての番組に出演しました。2人はこの共演をきっかけに、翌年の夏に交際を始めたそうです。

田中将大選手(ヤンキース)が子供時代から野球を始めたキッカケは?

プロ野球選手が野球を始めたきっかけといえば、家族に野球選手がいたり、父親が大の野球好きだったといったようなエピソードが多くあります。しかし、田中将大選手が野球を始めきっかけはとても意外でした。田中将大選手の父は、全く野球経験のない人でした。当時はプロ野球のナイターの試合がテレビでよく流れており、それを見ていたことがプロ野球選手になったきっっけだったそうです。


スポンサーリンク





田中将大選手(ヤンキース)のプロフィール

  • 兵庫県伊丹市出身の野球選手
  • 現在はMBLチームニューヨークヤンキースで投手としての活躍
  • 「マーくん」の愛称で親しまれ、日本のみならず海外にも多くのファンがいる

野球のライブ中継・見逃し配信はDAZNで見れる!

CMでもよく見るDAZN。もうみなさんご存知の方も多いと思います!スポーツ好きには凄い嬉しいサービスなのでご紹介致します!

DAZNは自分が好きなスポーツを好きな時好きな場所で楽しめるスポーツチャンネルです!世界最高峰の様々なスポーツをライブとオンデマンドで提供してくれるので、自分の好きなチーム、リーグ、選手などの試合をいつでもどこでも何度でも観戦できます!

DAZNは年間10000試合以上、130以上のスポーツコンテンツをお手頃な定額料金で、しかもCMなしで見ることができます!

スポーツ好きな方は、是非一度チェックしてみてください!

スポンサーリンク

 

まとめ

田中将大選手は、日本を代表する素晴らしい投手です。ですが、野球を始めた理由は意外にも平凡な理由であり、少年野球時代も今とは違うキャッチャーのポジションについていたなど、意外な過去を持っていました。ですが、これまでの不断の努力が、現在までの活躍の理由なのだとわかりました。これからもさらなる活躍に目が離せない選手です。