スポーツ

藤原恭大(ロッテ)の母親はモデルだった?兄弟で仲良し!

ロッテで活躍されている藤原恭大選手。藤原恭大選手の母親が元モデルという噂や兄弟についてよく検索されているようです。今回は、藤原恭大選手の母親の元モデルの噂や兄弟についてまとめました。

藤原恭大(ロッテ)の母親が実は元モデルだった?

2018年のドラフトで3球団競合の末ロッテに入団した藤原恭大選手。藤原恭大選手の人気の秘密は野球選手としての凄さもありますが、その端正なルックスにもあるといえるでしょう。整った顔立ち、鍛え上げられた肉体美はモデルのようでプロ野球で活躍すれば女性ファンが増えることは間違いなしのルックスです。藤原恭大選手のルックスは母親・道子さん譲りと言われています。

母親の道子さんは何度かテレビにも出演していますが、180cmを超える藤原恭大選手と並んでも身長に差が無い長身で、とても美人であったため、元モデルではないかと噂されています。真相は定かではありませんが、母親譲りのモデル体型の超イケメンであることに間違いはありません。

藤原恭大(ロッテ)は兄弟で野球をしていた?兄弟と仲がいい?

藤原恭大選手には2つ上の兄・海成さんがいます。実は藤原恭大選手が野球を始めたきっかけは兄の海成さんでした。小学校時代に2つ上の兄と同じ少年野球チーム「園和北フレンズ」に入団して野球を始めました。

園和北フレンズの監督は父親の史成さん。父親の厳しい指導に耐えながら兄弟二人で切磋琢磨していたそうです。そんな兄弟の夢は二人で甲子園に出場することでした。兄の海成さんは野球の名門PL学園に進学しました。

野球部への入部直後海成さんは藤原恭大選手に対し、「練習はしんどいけど、レベルが全然違う。ここで一緒に甲子園に行こう」とPL学園への入部を勧めます。しかし、PL学園は度重なる不祥事により、翌年に野球部の募集を停止してしまい、海成さんはPL最後の野球部員となってしまいました。

二人の夢であった「兄弟一緒に甲子園」の夢は絶たれてしまいましたが、海成さんは藤原恭大選手に対し、「恭大は身体能力が高い。他の選手にも絶対負けないから、自分の力を信じろ」と声をかけ、甲子園出場の夢を弟に託しました。その後、藤原恭大選手は大阪桐蔭高校に進学後見事甲子園出場、春夏連覇を達成し、兄弟で交わした約束を果たします。


スポンサーリンク





藤原恭大(ロッテ)の家族構成は?

野球もすごくて、イケメンでモデル体型。どんな家庭で育ったらこんなすごい子が生まれるんだ!と気になる方も多いのではないでしょうか。藤原恭大選手の家族構成をご紹介します。

父親:史成さん(大阪府豊中市で焼き鳥店「花火」を経営)
母親:道子さん(元モデル?)
兄:海成さん(元PL学園野球部)
弟:藤原恭大選手

藤原家は4人家族。父親の史成さんが経営している焼鳥屋さんは阪神タイガースの元選手も集う人気店です。史成さんは「子供達のために高いレベルの野球談議をできる環境を作るために焼鳥屋を始めた」とインタビューで答えています。

この焼鳥屋さんでの野球談議は藤原兄弟の野球のレベルアップにも貢献したことでしょう。焼鳥屋さんでは元モデルと噂される道子さんや兄の海成さんもお手伝いをされているようです。

藤原恭大(ロッテ)に彼女はいる?

女性ファンも多い藤原恭大選手ですが、彼女はいるのでしょうか。ネット上では「ひな」という彼女がいると噂されていますが、真相は定かではありません。結論はデマである可能性が高いと思われます。

高校野球ファンの間では有名な話ですが、大阪桐蔭高校は恋愛禁止で全寮制、女性との唯一の連絡手段でもある携帯電話も所持禁止とまるで刑務所のような暮らしぶりです。このような状況で彼女を作ることは不可能に近いでしょう。プロ入り後はもちろん恋愛も自由ですので、今後の恋愛にも注目ですね。


スポンサーリンク




藤原恭大(ロッテ)野球の実力や年棒は?

藤原恭大選手の野球選手としての凄さはなんといっても身体能力の高さです。50m5秒7の俊足に加え、遠投110mの強肩、高校通算32本塁打のパワーの持ち主です。まさに走・攻・守、三拍子揃った選手と言えるでしょう。現在のプロ野球選手で言えばソフトバンクの柳田悠岐選手を彷彿とさせる選手です。

魅力いっぱいの藤原恭大選手ですが、唯一の弱点は選球眼と言われています。甲子園を含む主要7大会の成績は打率352という素晴らしい成績を残していますが、出塁率は386と打率が高いわりに、出塁率はそれほど高くありません。つまり四球が少なく選球眼はあまりよくないと言えるかもしれません。

プロ野球の投手は高校野球の投手よりもコントロールが良く厳しいゾーンの投球が多くなります。藤原恭大選手がプロ野球で活躍するためには、ボール球を見極め、甘い球を確実に捉えることが重要です。逆に言うと、選球眼さえ鍛えれば、高いミート力に遠くに飛ばすパワー、俊足を生かした広い守備範囲や強肩を活かしてすぐにプロ野球で活躍できるといえるでしょう。

球団の期待も高い藤原恭大選手は契約金1億円、年俸1,500万円、出来高5,000万円で1年目の契約をしています。ロッテの新人選手に出来高がつくのは史上初。球団の藤原恭大選手への期待の高さが伺えます。


スポンサーリンク





藤原恭大(ロッテ)のプロフィール

藤原恭大選手のプロフィールや経歴を見ていきましょう。
<基本情報>
出身地:大阪府豊中市
生年月日:2000年5月6日
身長:181cm

<選手情報>
利き腕:左投げ左打ち
ポジション:外野手

<経歴>
【中学校時代】
中学校時代は中学野球の名門、枚方ボーイズで公式野球大会全国優勝を達成しています。同級生には後に藤原恭大選手を超える4球団競合の末カープに入団した小園 海斗がいました。中学時代は投手として活躍、なんと140キロの豪速球を投げていたそうです。

ちなみに2018年のプロ野球のストレート平均球速は143.6キロ。中学時代からプロ野球選手並みの豪速球を投げていたことになります。

そんな中学時代の藤原少年は所属する中学校の野球部を一日で退部するよう顧問から頼まれた伝説が生まれています。当時からプロ並みのストレートを投げ、ものすごい打球を飛ばしていた藤原少年は周囲の選手が怪我をしてしまうという驚くべき理由で中学の野球部からは退部を頼まれて枚方ボーイズ一本で野球をすることになります。

【高校時代】
野球の名門大阪桐蔭高校に進学。ずば抜けた才能は名門高校でも認められ1年生からレギュラーを勝ち取ります。2年時から高校日本代表入り。3年時には大阪桐蔭高校で4番を務め、春夏連覇を達成しました。

この年の大阪桐蔭は4球団競合の末、中日に入団した根尾昂選手をはじめ横川凱選手(巨人4位)、柿木蓮選手(日本ハム5位)等、4人の選手がプロ野球に入団し、高校野球史上最強のチームとも言われています。

野球のライブ中継・見逃し配信はDAZNで見れる!

CMでもよく見るDAZN。もうみなさんご存知の方も多いと思います!スポーツ好きには凄い嬉しいサービスなのでご紹介致します!

DAZNは自分が好きなスポーツを好きな時好きな場所で楽しめるスポーツチャンネルです!世界最高峰の様々なスポーツをライブとオンデマンドで提供してくれるので、自分の好きなチーム、リーグ、選手などの試合をいつでもどこでも何度でも観戦できます!

DAZNは年間10000試合以上、130以上のスポーツコンテンツをお手頃な定額料金で、しかもCMなしで見ることができます!

スポーツ好きな方は、是非一度チェックしてみてください!

スポンサーリンク

まとめ

ロッテの2018年ドラフト1位の藤原恭大選手について紹介しました。選手としての能力はもちろんのこと、母親が元モデルと噂されるほどのイケメンにも注目が集まります。高校野球では春夏連覇を達成し、注目を集めた藤原恭大選手ですが、プロ入り後の活躍にも益々目が離せません!

藤原恭大選手の彼女についてはこちら!