スポーツ

宮川紗江のほくろは悪性で除去すべきと噂が浮上?ほくろ占いも調査!

体操選手として活躍されていた宮川紗江選手ですが、パワハラ問題で注目を浴びていますね。中でも宮川紗江選手のほくろが悪性で除去すべきと噂と、ほくろ占いについて気になっている方が多いようです。

今回は、宮川紗江選手のほくろが悪性で除去すべきと噂と、ほくろ占いについてまとめました。

宮川紗江のほくろって?ブサイクと言われる理由はほくろなの?

体操の女子日本代表としても活躍された宮川紗江選手なのですがブサイクすぎると言われているのですがその原因は顔のほくろなのではないかという声が多くあります。宮川紗江選手がブサイクといわれる理由を調べてみました。

宮川紗江選手の記者会見を見ていてほくろに目が行ってしまったという声があるのですがそれと同時にほくろが大きくて黒すぎてブサイクに見えるという声もたくさんあります。

顔だけをアップしてみるとブサイクに見えるけど全体的に見るとブサイクではないのかもしれないという声もあります。顔に大きなほくろがあるとそこに注目してしまうからブサイクに見えてしまうのかもしれません。

ほくろがなかったらもっとかわいいかもしれませんがほくろがあるのが宮川紗江選手というイメージなのでほくろがないと違和感を感じます。産まれたときからあるほくろをチャームポイントとしてとらえているのだと思います。ほくろがあってもなくてもかわいさはそんなに変わらないと思います。

宮川紗江のほくろは悪性なの?除去すべき?

宮川紗江選手の鼻の下の大きなほくろが悪性のほくろではないかと噂が浮上しています。医学的にほくろは、良性の母斑細胞(ほくろ細胞)の集まりで、大きさは通常直径5mm以下の場合がほとんどと言われています。

それ以上に大きいホクロは、悪性メラノーマの可能性があるといわれています。

画像だけでははっきりとほくろのサイズは分かりませんが、宮川紗江選手のほくろは大きいですよね。

「メラノーマとは、悪性黒色腫と呼ばれ、皮膚のメラニンという色素を作る色素細胞(メラノサイト)ががん化した腫瘍」と考えられています。がん細胞がメラニン色素を多量に産生しているため、黒く変色してしまうのだそうです。

メラノーマは顔より手足に多く発生するようで、日本人の50%程度は手足に発生するタイプであると言われています。また、顔にできるのは高齢者に多いようです。

まだ若い宮川紗江選手のほくろは、悪性メラノーマの可能性は低いでしょう。

ちなみに、ほくろが悪性メラノーマなのか見分け方があるようです。

形:ほくろは円形や楕円形であるのに対し、メラノーマは整った形をしていない。

境目:ほくろはくっきりしているのに対し、メラノーマはギザギザ、ぼんやりしている。

色:ほくろは均一であるのに対し、メラノーマはむらがある。

大きさ:ほくろは6ミリ以下であるのに対し、メラノーマは6ミリ以上ある。

隆起:一部のほくろは隆起するが、メラノーマは進行すると隆起する。

宮川紗江選手の画像だけでは、ほくろが悪性なのか、悪性ではないのかわかりませんが、もし宮川紗江選手のほくろが悪性メラノーマではないのであれば、除去する必要はありませんね。

個人的には、宮川紗江選手のほくろはチャームポイントと思ってます!


スポンサーリンク





宮川紗江のほくろ占いの位置の運勢と性格は?

宮川紗江選手のほくろはほうれい線上、またはほうれい線の内側にあります。

法令線上にほくろがある人は、繊細で神経質な人が多いとされます。誰に対しても細やかな気遣いなどができ、人当たりが良いようです。その分、周りを気にし過ぎて、精神的なストレスを溜めやすいことになります。精神的な病気にも注意が必要かもしれません。

責任感が強く、人から頼み事をされると誠心誠意やり遂げようとします。何事もきっちりとしていないと収まりが良くないようです。モラル意識が高く、好き嫌いがハッキリとしているとされます。理想が高い人が多く、なかなか満足感が得られないようです。時には細かいことを気にしないことも必要かもしれません。またお金がない人との縁が深いとされ、損をすることも考えられます。人付き合いは、よく見極めた方が良さそうです。

引用:口元・口周りのほくろの意味と運勢16パターン[人相学占い]

ほうれい線の内側のほくろは、食禄(ショクロク)と言われています。ここにほくろがある人はよく働き、生涯食べることには不自由しない強運の持ち主みたいです。


スポンサーリンク




宮川紗江のほくろは活きほくろ?特徴は?

宮川紗江選手のような色が黒くて左右対称、形がふっくらと盛り上がっているのは「活きほくろ」と言われています。活きほくろの特徴は、幸せを導いたり、災いなどを乗り越えていける力を授かるとされており基本的には良い運とされているようです。

さらに見た目は悪いですが、ほくろに毛が生えることは縁起の良いことされ、尊ばれてきています。ほくろに毛が生えてると、見た目は悪いかもしれませんが、占い運は良いので抜かない方がオススメですね。

宮川紗江の次期スポンサーは高須委員長なの?

宮川紗江選手が契約していたスポンサーは株式会社レインボーです。おそらくですが、宮川紗江選手が会見でスポンサーA社って言っていたのはおそらくレインボーという企業のことでしょう。レインボーってどんな企業なの?と思う方もいると思うので簡単にご紹介します。

宮川紗江選手とスポンサー契約を結んでいた株式会社レインボーは、平成27年4月10日に設立されています。代表取締役は北折明子さんです。

宮川紗江選手が契約していたスポンサーについては別記事でまとめてありますので、そちらもチェックしてください!

宮川紗江選手のスポンサー企業についてはこちら!

また、高須委員長が今回の宮川紗江選手の騒動を受けてスポンサーになって力になりたいと、名乗りを上げています。あとは、体操協会の許可を貰えれば正式なスポンサーになれるそうです。

https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1037970048193781760


スポンサーリンク





宮川紗江のパワハラ問題は?

宮川紗江選手は速水佑斗コーチから暴力を受けていたことが明らかになりましたね。練習中の様子として、髪を引っ張ったり、馬乗りになって叱ったりと、明らかに指導の一線を越えた暴力行為があったと言われています。

宮川紗江選手は速水佑斗コーチの暴力行為はあったものの、そこまで酷いことはされていないと主張しました。

今回、宮川紗江選手が会見を開いたのは速水佑斗コーチからパワハラを受けたからではなく体操協会から受けたとして会見をされていました。協会側から宮川紗江選手に対して「このままでは五輪に出られなくなる」と電話があったくらいです。ナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用制限もかけられたようです。

宮川紗江選手は「体操協会にはこれらのパワハラの事実を素直に認めていただきたい」と訴えていました。

体操協会側は一部認めているようですが、まだまだ解決までは時間がかかりそうです。


スポンサーリンク




宮川紗江のプロフィール

本名:宮川 紗江(みやがわ さえ)
出身地:東京都
生年月日::1999年9月10日
身長:150㎝
体重:45㎏
得意競技:床、跳馬
好きな国:イタリア

宮川紗江選手は2歳から体操を始めています。2013年には女子ジュニアナショナル選手となり、2014年6月の第53回NHK杯体操選手権で個人総合7位を獲得し、南京ユースオリンピックに出場されました。

また、女子ナショナル選手にも選出されて7月に開催された全日本体操種目別選手権大会の跳馬で優勝、ゆかで2位を獲得されました。

2016年8月にはリオオリンピック日本代表に選ばれました。体操女子団体、女子種目別ゆか、女子種目別跳馬に出場されて、団体では四位入賞のメンバーとなりました。

まとめ

・宮川紗江選手のほくろは特徴からしても悪性メラノーマではないと思う。
・宮川紗江選手のほくろが悪性メラノーマではないのであれば除去する必要はない。
・宮川紗江選手のほくろは活きほくろである。
・宮川紗江選手のほくろ占いの運勢は生涯食べ物には不自由ない。

宮川紗江選手のコーチと恋愛や洗脳についてはこちら!

宮川紗江選手のスポンサー企業のレインボーについてはこちら!

宮川紗江選手の体操クラブについてはこちら!

宮川紗江選手の二重契約問題についてはこちら!

宮川紗江選手がブサイクと言われる理由はこちら!