芸能

山口達也の被害者女性が特定された?相手はもにかなのか!

山口達也さんの今回の騒動で被害者女性を特定する動きは止まりません。菅沼もにかさん(三田萌日香)じゃないか、という声も挙がってます。

今回は山口達也さんの被害者女性を特定、菅沼もにかさんについてまとめました。

山口達也の強制わいせつ事件とは?時系列は?無期限活動停止を発表!

・2018年2月12日20時頃、山口達也さんが自宅で女子高生にキスをする強制わいせつ事件を起こす。その後、女子高生が警察に被害届を提出。

・2018年3月末、山口達也さんは被害届が提出された事を知る。

・2018年4月、山口達也さんが事件のことをジャニーズ事務所に報告。

・2018年4月20日、山口達也さんが書類送検される。

・その後、被害者との示談交渉が始まり、23日に示談成立。24日に被害届が取り下げられた。

日本中の話題を独占することとなったTOKIO・山口達也さんの「強制わいせつ事件」の第一報が入ったのは、2018年4月25日夕方のこととなりました。

自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が、強制わいせつ容疑で人気グループ「TOKIO」の山口達也さん(46)を書類送検していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。 

捜査関係者によると、今年2月、東京都港区のマンションにある自宅の部屋で、女子高校生にキスするなど、わいせつな行為をした疑いが持たれている。先週、書類送検されたという。

事件の発覚を受けて、山口達也さんは2018年4月26日に謝罪記者会見を開いております。

女子高校生への強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されたアイドルグループ「TOKIO」の山口達也さん(46)が26日、東京都内のホテルで記者会見し、「(被害者にとって)一生忘れられない出来事だったのかと考えると、本当に申し訳ない」と涙ながらに謝罪した。所属するジャニーズ事務所は、無期限謹慎にすると発表した。

事件が起こった2018年2月12日は、アルコールが原因で悪化していた肝臓の治療のための入院生活が明けたばかりだったという山口達也さん。番組で共演していた女子高校生を自宅に招いた際には、久々に自由の身となった開放感から焼酎を1升(1.8リットル)ほど空けており、泥酔状態だったそうですね。

山口達也さんはアルコール依存症じゃないのか?という声も挙がっています→こちらでチェック!

山口達也の被害者女性は菅沼もにかなのか?身元特定騒動が起こった?

山口達也さんの被害者女性は菅沼もにかさん(三田萌日香)じゃないかという声もあります。それは、過去にあったスクープが原因と思われます。

詳細はこちらでチェック!

また、ネット上では被害者女性の身元特定騒動が起こったそうです。

被害者女性についてわかっている情報

・Rの法則に出演していた16歳または17歳の女子高生

メディアによって16歳か17歳と報道内容が異なっているため、どちらが本当なのかよくわからない状況となっています。

大抵の事件の場合は、成人・未成年関係なく被害者は実名報道されるものですが、今回は「強制わいせつ事件」という性質上、被害者の今後の人生を配慮した報道規制が敷かれており、被害者に関する個人情報はほぼ公開されていない状況だったりします。

そんな事情で匿名報道をされている以上は、このまま被害者の正体は謎のまま終わらせるのが正しい対応なのでしょうが、そういった正論よりも好奇心が勝ってしまうのがネットの世界です。

そのため、事件発覚以降は、「Rの法則」に出演した経験のある16歳の少女タレントという、当初報道されていたごくわずかな情報を元に、ネット上では被害者の身元特定作業がされていたようですね・・・

被害者女性のプライバシー、人権もありますし、そっとしておくのが一番だと思います。

山口達也の被害者女性は赤沼葵だと拡散された?

この呟きを見たネットユーザーの一部が、「スマホが使えない=事件の捜査のために警察がスマホを押収している」と連想してしまった結果、赤沼葵さんが被害者との風説が、一気にネット上に広まってしまうことになりました。

しかしながら、赤沼葵さんが当該呟いた時期は、山口達也さんの「強制わいせつ事件」の起こった2018年2月12日以前となっており、実は事件とは何の関係もない呟きかもしれません。

山口達也さんの「強制わいせつ事件」の起こった時期が、2018年2月と日付が特定されていない状況で報道される機会が多かったため、このような誤解が生まれたのかもしれませんね。

また、赤沼葵さんは自身のインスタで今回の騒動の被害者女性ではないと、否定されていました。

詳細はこちらでチェック!!


スポンサーリンク




山口達也の被害者女性の顔面から唾液が検出?

5月9日に発売された『週刊新潮』で山口達也さんの事件当日の衝撃の様子が赤裸々に報じられています。

事件当日、山口達也さんは病院から朝の情報番組『ZIP!』出演のため放送局に向かいました。2月12日はピョンチャンオリンピック開催中のため日本人選手の活躍を視聴者にいつもと変わらない様子で伝えていました。

私も当日『ZIP!』を見ていましたが山口達也さんに対してなんの違和感も感じませんでした。この日の夜にまさかあんな事件が起こるなんて。

番組出演後は、4月26日の山口達也さんの会見の時に語られていたように、『Rの法則』で知り合った被害者女性に『自宅にきてはなさないか』と自宅マンションに誘いました。この時に女性は危機感を感じたため友人も連れていくことを山口達也さんに告げて山口達也さん宅に向かいました。

<ここからが新事実>

被害者女性が友人と山口達也さんの自宅に友人と訪ねると、いきなり『なんで一人で来なかったんだよ!』と怒鳴りつけました。その後部屋に挙がった被害者女性は、しきりにお酒を勧められたためグラスに口を付ける振りだけして実際お酒は飲まずにやり過ごしたようです。

その後は、連れてきた友達を無視するように被害者女性を凝視していたそうです。そしてついにしびれを切らした山口さんが「こっちに来いよ」と強い口調で言った後に被害者女性に近づきキスをしようとしました。その際に被害者女性はなんとか逃げようと顔を背けましたが、その時に山口達也さんの唇が頬に触れたのです。

更にそこから行為はエスカレートして女性の顔面をなめ回し、腕や腰・胸にも触れて押し倒そうとしましたが被害者女性は激しく抵抗しました。その際に山口達也さんは女性に対して卑猥な言葉をしきりなしに吐き続けたと言います。

その後山口達也さんがタバコを吸いに部屋を出たところを見計らって被害者女性と友人はマンションから走って逃げだし母親に連絡して向かいに来てもらいました。事情を聴いた母親は直ぐに麻布署に娘が被害にあったことを報告しました。その際に被害者女性の顔面からは山口達也さんと思われる唾液が採取されたそうです。

これが今回の事件の一部始終となります。これまでの報道ではオブラートに包まれていた部分も明らかになっています。今回の事件の被害者女性の負った肉体的・精神的な苦痛がより一層心配されますね。

山口達也と被害者のLINE交換を『Rの法則』スタッフが関与していた?

5月9日発売の『週刊文春』でまた新たな証言が浮上しました。事件発覚後から山口達也さんと被害者の女性がどのように連絡先を交換したのか話題になっていましたが『週刊文春』では、『Rの法則』のスタッフから促されて連絡先を交換したという情報が挙がってきました。

『週刊文春』では、被害者女性も警察でこのように証言していると掲載しました。

『Rの法則のスタッフに言われて交換した。山口さんに興味はなかったけど、LINEを交換することになった』

かなり衝撃的な証言ですが、これが本当であれば、『Rの法則』のNHKの番組スタッフは何を意図してこのようなことをしたのか疑問ですね・・・

山口達也の被害者女性を特定するネットの動きにジャニーズ事務所が警告!

ネット上では、山口達也さんの被害者女性を特定しようという動きが活発でしたが、間違った人が誹謗中傷を受けるという事態にまで発展してしまいました。そこで2018年5月4日にはジャニーズ事務所が以下のような警告コメントを出しています。

ジャニーズ事務所からの警告

「このたびは、山口達也の起こしました事件につきまして、報道各社の皆様には多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。また、そのような中で会見へのご出席、報道などご協力いただき、厚く御礼申し上げます。

今回の事件では、すでにお伝えさせていただいている通り、被害者様とは示談が成立しており、被害者様、ならびに保護者様からも、未成年であるご本人に最大の配慮をしてほしいとご要望をいただいておりました。

被害者女性の親のコメント

さらに被害者女性の親からも以下のようなコメントが発表されました。

「今回の事件につきまして、山口氏、事務所関係の方々、さらには先日拝見した会見でのTOKIOメンバーの方々の、心からの謝意をお伝えいただいていると受け止めております。先にも述べました通り、私達は、娘はもちろん、誰一人の人生の未来も、この事件によって奪われて欲しくないと切に願っております。娘について、また関係する方々についても、どうかそっとしておいていただきたいと重ねてお願い申し上げます」

ジャニーズ事務所や両親のコメントを出してから、山口達也さんの被害者女性を特定しようとするネットの行為は少しは減ってきているようです。

山口達也の女癖の悪さは事件以前から実話ナックルズで暴露されていた?

ゴシップ誌「実話ナックルズ」は、2018年2月時点で、山口さんが「Rの法則」の女子高校生出演者と浮気をしていた過去があるとの暴露記事を(イニシャルトークながら)書いておりました。

2月28日発売の2018年4月号に「人気情報番組『ZIP!』出演者に未成年アイドル喰い疑惑」と題した記事が掲載された。

内容は人気アイドルグループのZが、当時17歳の未成年アイドルとプライベートでも交流を持ち、衣裳部屋として都内に借りているマンションに連れ込んでいた。浮気を疑ったZ夫人が、監視カメラを確認して発覚したと具体的な情報が記されている。事件が起きた今となっては、これは山口を指しているのではと見る声が強い。

これだけじゃ、本当に山口達也さんのことかは、分かりませんね。

ちなみに、女子高校生出演者との浮気問題が一因となり、山口さんは2016年8月5日に離婚をする羽目となったようですね。また、お酒が原因とも噂されてます。→こちらでチェック!

2人の浮気問題に関しては、「Rの法則」関係者からも問題視はされていたようで、女子高校生出演者は、山口さんとの浮気発覚後に番組を降板させられたと言われております。

山口達也はハニートラップにはめられた?

山口達也さんの今回の騒動はハニートラップだったという噂が流れています。女子高生がハニートラップを仕掛けれるのか?とも思いますけどね・・・

詳細はこちらでチェック!!

山口達也の被害者女性、未成年相手とはいえ高額すぎる示談金?強制わいせつ内容の隠蔽も?

山口達也さんの今回の騒動ですが、キス以上ということは、山口達也容疑者が強引に女子高生の体を求め、ディープな男女の関係になったということかもしれません。その理由は示談金の金額です。

一部の情報によると示談金の金額は2000万円と言われており、キスをされたことによる強制わいせつの示談金としては、いくら未成年相手とはいえ高額すぎると言われています。

また、2000万円という金額のなかには「被害届の取り下げ」「上告書の内容緩和」「検察の情状酌量」などの意味が込められていると思われますが、マスコミ関係者によると「強制わいせつ内容の隠蔽」が含まれている可能性があるのではないかと言われています。それにより実際は「キス以上している可能性が浮上した」と言われています。

山口達也が示談金を2000万円に設定した理由は?世間から消えていく可能性が大きい?

示談は話し合いで「どう落とし前をつけるか」ということを決める行為であり、示談金は慰謝料という意味のほかに「相手に要望を飲んでもらう」という意味も込められています。

よって「実はディープな男女の関係になったがキスだけで終わったことにしてほしい」という作り話を被害者側に飲んでもらうため、示談金を2000万円に設定した可能性があるのかもしれません。

公式にはキスをして書類送検されることになった山口達也さん。TOKIOリーダーは激怒しており、TOKIO復帰はありえないと断言されているようです。山口達也さんは、このまま世間から消えていく可能性が大きいのかもしれません・・・

被害者は当初示談を拒否していた?

当初、被害者である相手女性一家は山口達也さんへの処罰を望んでおり、山口達也さん側の示談の申し入れを拒否していたそうです。しかし裁判となってしまった場合、証人として相手女性が裁判に出廷しなければなりません。

それは避けたい相手女性一家は、山口達也さんが書類送検されて刑事事件化されたことを確認した後、最終的に示談を受け入れて被害届を取り下げることとなりました。

女子高生の親は当初、山口メンバーの行為に激怒し、示談には応じない意向だったというが、太田弁護士は「示談が成立せずに裁判になったとすると、場合によっては裁判に娘さんが証人として出廷しなければいけないということが生じますので、それを避けたいという事もあるかもしれない」と示談成立となった背景について述べた。

山口達也さんにとっても、相手女性にとっても示談で終わらせるのが最善の方法だったようですね。

そんな山口達也さんですが、先述した通り当初は無期限活動停止処分とされていましたが、ジャニーズ事務所と契約を解除することが発表されました。
詳しくみていきましょう!

山口達也がジャニーズ事務所と契約解除

山口達也さんの強制わいせつ事件により、5月2日にTOKIOのメンバー4人が緊急記者会見を開いてましたね。

そこで、「山口達也さんから辞表を手渡され、リーダーである城島茂さんが預かっている」ということを発表されていましたが、4日後の5月6日に山口達也さんがジャニーズの契約を解除されることが新たに発表されました。

この報道を受けて、翌日の5月7日にTOKIOのメンバーである国分太一さんがコメントしています。

番組の冒頭で同ニュースについて報道し、国分は「山口自身が会社を辞めるという強い意志。そして僕たちの考えをまとめ、リーダーが代表して社長でもありますジャニー(喜多川)さんと協議した結果、こういう形になりました」と事の経緯を明かす。続けて、先日2日に行われたTOKIO4人の会見から昨日までを振り返り、「4人の会見の後は、山口と会うことはなかったです。ただ、会見後会えない時もメンバーで連絡を取り合ったり、それから土曜日ですね。メンバー4人で集まって、山口のこと、そしてこれからのTOKIOのこと、ないし考えられることはメンバー内でとにかく議論しました。いろんな話をした結果、自分たちだけでは答えを出せないという話になり、今リーダーが持っている山口の退職届、辞表をジャニーさんに渡し、そしてジャニーさんの中で考えてもらおうという話にまとまりました。(ジャニーさんは)責任を持つと、私が決めるというようなことを言ってました」と詳細を語った。

会見後にも山口達也さんから連絡があり、謝罪と「TOKIOを守ってくれ」という言葉が語られたそうです。また、山口達也さんが一般の社会に戻れるよう国分さんも個人的にサポートしていきたいと語っておられました。

山口達也の事件後突然退所したジャニーズJrたちに注目が集まっている?

各方面に騒動の余波が及んでいる山口達也さんの「強制わいせつ事件」ですが、「Rの法則」にレギュラー出演していたジャニーズJr2人が、2018年3月いっぱいで「Rの法則」を降板し、事務所を退所していたことが発覚しております。

山口達也さんといえば、事務所の後輩にあたるジャニーズJrたちを利用して、「Rの法則」の出演者たちに粉をかけていたと言われているだけに、ネット上では退所した2人が「強制わいせつ事件」に関わっているのではないかという憶測まで飛んでいます。

ちなみに、2018年3月いっぱいで「Rの法則」を降板し、ジャニーズ事務所を退所した2人のジャニーズJrに関しては、下記の面々となっております。

・石田直也さん

村木亮太さん

NHKの番組『Rの法則』に出演していたジャニーズJr.が4月頭に退所していたことがわかった。退所していたのはレギュラーだった石田直也と村木亮太の2名。

石田直也は3月で4期メンバーを追えており、番組も卒業。同月末にジャニーズを退所していたことがわかった。村木亮太も3月31日にジャニーズ事務所を退所していることがわかった。

山口達也さんの素行問題で、ネット上であらぬ疑いをかけられている石田直也さんたちですが、実のところ事件とは無関係な可能性が高かったりします。石田直也さん・村木亮太さん共に、ジャニーズ事務所との契約が切れた直後に、ツイッター上でファンに退所報告をするなど、その行動に、やましい事件に関わっていたような後ろめたさを感じさせる要素がありません。

また4月1日には、『Rの法則』(NHK Eテレ)などに出演していた石田直也がTwitterにて退所を発表。「3/31でジャニーズ事務所退所致しました。ジャニーズJr.でトランピーとして活動してきて得られたことは人生の宝物です」などと、ファンへの感謝をつづっている。続けて4日には、Jr.内ユニット「天才Genius」に所属していた村木亮太が、Twitterにて「元ジャニーズjrの村木亮太と申します 約6年応援してくださりありがとうございました」と退所を発表している。

山口達也のプロフィール

名前:山口達也(やまぐち たつや)
本名:山口達也(やまぐち たつや)
生年月日:1972年1月10日
出身:埼玉県草加市
身長:167cm
所属事務所:ジャニーズ事務所
所属グループ:TOKIO