芸能

瀬戸内寂聴の娘の現在は?娘の画像も!

最近、瀬戸内寂聴さんをテレビでよく見かけますよね。過去に娘と色々あったみたいですよ。そこで瀬戸内寂聴さんの娘のこと、現在は娘とどうなのか?調べてまとめてみました。

瀬戸内寂聴は現在娘と和解した?娘と現在は?

瀬戸内寂聴さんは現在『尼さん』と『小説家』と二足のわらじを履き活躍していますが、東京女子大学在学中の21歳の時にお見合いで最初の結婚をし、その後子宝にめぐまれ、翌年女の子の赤ちゃんを出産されています。

しかし、その後彼女は学者の夫の教え子と恋仲になり、寂聴さん25歳、娘が3歳の時に夫と娘を捨てて家を出ていってしまいます。今の時代であればこういう話も普通にあるような話ですが、当時は終戦直後で、妻は夫をたてて支えるべきだといわれていた時代。

そんなまだまだ男性優位の時代に、年下の男と駆け落ちしてしまう、彼女の行動力には驚かされますね。彼女がなぜ大事な娘を置いて出て行ったのかというと、当時の自分が経済的に自立していれば子供と一緒にいられたが、自分にはその力がなく置いていくしかなかったと後に語っています。

そのため彼女は現在も、男性と対等な立場になりたいのであれば、経済的に自立しなければならないと世の女性達に向けてメッセージを送り続けています。気になる瀬戸内寂聴さんと長女の関係ですが、長年絶縁状態が続いていたそうです。

妻が若い男と家を出たとなれば、残された二人が周囲から浮いた存在になっていたとしてもおかしくありません。旦那さんや娘さんの立場からしたら、瀬戸内寂聴さんの行為は、到底許せるものではないという気持ちは容易に想像がつきますね。

ただ、二人の関係は寂聴さんが出家し後年になってから和解し交流が戻ったそうで、現在はお孫さんもいるそうです。二人が和解するに至るまでは一筋縄にはいかず、かなり苦労して和解されたと言われていますが一度自分を捨てた人間をそう簡単には許せるものではありませんので、許して貰えただけでもありがたいことですね。

瀬戸内寂聴は若い頃に娘を捨てていた?

瀬戸内寂聴さんについて調べると「若い頃に娘を捨てた」という情報があり非常に気になる内容です。瀬戸内寂聴さんは大学時代にお見合い結婚した旦那さんが、中国古代音楽史を研究する学者さんだった為、結婚後はすぐに北京へと渡って長女を出産しています。

戦争が終わり日本へ帰国し瀬戸内寂聴さんの地元の徳島で家族3人で暮らしていました。しかし瀬戸内寂聴さんは夫の教え子である青年と不倫関係になり、罪悪感からか自ら夫に不倫していることを告白するも、夫は当たり前のように激怒したそうです。

夫は瀬戸内寂聴さんと教え子が会えないように東京へ引っ越す事を決断。しかし瀬戸内寂聴さんは不倫相手の青年を忘れる事が出来ず、夫と当時3歳だった娘を捨てて京都へと渡ったのです。2人の関係を知った寂聴さんの父親は激怒して瀬戸内寂聴さんは縁を切られてしまっています。

夫と3歳の娘を捨てて不倫相手である青年の所に行ってしまった、瀬戸内寂聴さんはその後、青年と再開し交際をスタートさせました。しかし今度は妻子持ちの男性と不倫関係となり一時期は三角関係になっていたそうです。

やはり斉藤由貴さんの様に結婚していても、他人をすぐに好きになってしまう体質だったのではないでしょうか。その後、瀬戸内寂聴さんと青年の恋は終わりを告げ青年は事業に失敗して自殺。そして瀬戸内寂聴さんの名言。

本当のね、恋の醍醐味は不倫ですよ

という言葉を残しており自らの経験から生まれた言葉だと伝わってきます。

瀬戸内寂聴の壮絶な過去が映画化された?

「夏の終わり」

この映画の原作となったのが瀬戸内寂聴さんが40歳のときに書いて、女流文学賞を受賞した作品なんです。瀬戸内寂聴さんはこの作品が自身の作品の中で一番好きなんだそうです。この作品を書いてから、これを越す小説を書こうとしていますが、50年たった今でも、実現していないそうです。

ちなみに映画の出演者は、主演の女性役の満島ひかりさん、妻子を持つ作家役の小林薫さん、年下の恋人役の綾野剛さん、豪華な面々で作り描かれた映画になっているようですね。

僕個人としては見てみたい作品だと思いますが瀬戸内さんの生き方をよく思っていない人も多いのです。


スポンサーリンク




瀬戸内寂聴が小説家になるまでの生い立ちは?本格的に活動開始!

小説家ペンネーム:三谷晴美

生年月日:1922年5月15日

出身地:徳島県徳島市

当時仏具店を営んでいる両親の元に生まれた瀬戸内寂聴さんなのですが、元々寂聴さんのご両親は苗字を「三谷」と名乗っていたんです。ですが瀬戸内寂聴さんが、小学生時代に「瀬戸内」という姓の親戚と養子縁組をしたため、本人もそれ以降「瀬戸内」という姓に改めたという話があります。

幼少期の瀬戸内寂聴さんは大変大人しい性格で本を読むのが、非常に大好きな子どもだったので、小説家となった原点もここからなのかもしれませんね。東京女子大在学中にはなんと21歳という若さでお見合い結婚をし、翌年に娘を出産、転勤になった夫に同行する形で北京に引っ越しました。

しかし、日本に帰国した時に夫の教え子と関係をもってしまい、夫や娘を残し家を出てしまったという過去があるんです。そんな瀬戸内寂聴さんはその後、正式に夫と離婚をして(娘は夫が引き取る)東京で本格的に小説家になる事を決意しました。

元々の姓である「三谷」をペンネームに使用し「三谷晴美」という名前で少女小説を書き、当時雑誌で募集を、募っていた小説コンテストに応募して、見事入選したんです。この事がきっかけとなり新人小説家として活動を開始。小学館や講談社で少女小説や子供向けの童話を中心に書いていました。

新人時代を経て、1956年処女作「痛い靴」を発表します。また同年に「女子大生・曲愛玲」という作品で賞を受賞するくらい才能を発揮していきました。しかし、その受賞作品の一章であるタイトルの内容がポルノ小説だということで当時批判されてしまい批判家によりレッテルを貼られてしまうんです。

そのことにより、依頼なども減ってしまい本を出版する事もできずに、雑誌や週刊誌などで作品を発表する日々を送ることになりました。同人誌での活動も当時しており連載物の小説を開始したり「夏の終わり」というタイトルの小説を書きました。

なんとこの作品は、自身が以前経験した既婚者であるのに、関係をもってしまったという恋愛体験を描いたものなんですよ。この小説は非常に当時評価され、女流文学賞というものを受賞することになり、瀬戸内寂聴さんはここで作家としての地位を確立する事になりました。

その後、受賞作品とまではいきませんが小説家として恋愛物や伝記小説などを書く人気小説家として活躍していきます。

瀬戸内寂聴、出家の道のりは長かった。尼憎としてのその後の活躍!

人気小説家として、瀬戸内寂聴さんはこの後も小説を世に、送り出していくのですがこの小説家の他にも、もう一つ顔があるのはご存知の方がほとんどですよね。尼僧ですね。当時小説家だけではなく修道女を志していたんですが、既婚者で娘もありながら他の男性と関係をもったという行状により、教会側から修道女になることを拒否されてました。

その後、出家を志して多くの寺院に頭を下げるもここでも拒否をされてしまうのです。やはりそれだけ当時はこのような話題はご法度だったんでしょうね。しかしそんな瀬戸内寂聴さんも1973年にやっと中尊寺天台宗で、得度し方名を今現在の名前寂聴となりました。

(当時寂聴のみで1987年に瀬戸内寂聴さんに改名します)

長い道のりで尼憎として翌年、60日間の行を乗り越えて週末には法話をも行う人気尼憎になったのです。

瀬戸内寂聴の秘書・瀬尾まなほについて!

名前:瀬尾まなほ(せお まなほ)
出身地:兵庫県神戸市
生年月日:1988年2月22日
年齢:現在29才
留学:中学2年でアメリカに1週間交換留学生
大学:京都外国語大学 英米語学科(2011卒)
職業:瀬戸内寂聴の秘書
兄弟姉妹:3姉妹の次女

瀬尾まなほさんは神戸市の実家で生まれ育ち、2才上の姉と7才下の妹がいる3姉妹の次女。子供時代にイジメられてましたが、中学2年生でアメリカに1週間交換留学生に行き、個人を尊重する文化に触れたことで、狭い世界から抜け出して海外へと思いを抱き英語を頑張るようになりました。

高校時代にもカナダに留学するなど努力した結果、京都外国語大学の英米語学科に進学。留学を2度経験してるので実家はお金持ちかも?瀬尾まなほさんは大学時代、京都の祇園の御茶屋でバイトをしてた友人から、瀬戸内寂聴さんの秘書の仕事を紹介されます。

秘書の仕事内容は、身の回りのお世話やマネージメント。瀬尾まなほさんが面接を受けるとなんと一発合格で即採用。採用理由は「瀬戸内寂聴の本を読んだことないし、文学少女じゃないから」。

どういうことかというと、たくさん応募はあったのですが、瀬戸内寂聴さんの本を読んでファンである文学少女が多かったようで彼女たちは文学は好きでも掃除も料理も下手だったので秘書には不向きでした。

その後、瀬尾まなほさんは2011年に大学卒業後からの現在まで、瀬戸内寂聴さんが住む「曼陀羅山 寂庵」に通い秘書として働いています。

瀬尾まなほさんのスリーサイズ、身長や体重のまとめはこちら!

瀬戸内寂聴の秘書がみんな退職してた?

瀬尾まなほさんが秘書として働き始めて3年目の2013年、ほかにもいた秘書がみんな退職するという出来事がありました。全員退職は瀬尾まなほさんに原因があるのではなく、みなさん高齢だったことや、秘書がたくさんいると瀬戸内寂聴さんが、みんなに給料を払うために働き続けなければいけないから、負担を減らしたいという理由で泣きながら退職を申し出たのでした。

それからは瀬戸内寂聴さんの秘書は瀬尾まなほさん1人となり、二人三脚で再スタートとなり現在に至ります。ただネットでは、瀬尾まなほさんが秘書になったのは瀬戸内寂聴さんの財産を狙っているのでは?という声もあったります。自宅は500坪以上の豪邸ですからね。

瀬戸内寂聴のプロフィール

名前:瀬戸内 寂聴
本名:瀬戸内 晴美
ペンネーム:三谷 晴美
出身地:徳島県徳島市塀裏町
生年月日:1922年5月15日
年齢:現在95才
職業:天台宗の尼僧、小説家

瀬戸内寂聴さんは尼僧で小説家ですが、若い頃は旦那の教え子と不倫し、旦那と娘を捨てて不倫相手を選んだエピソードがあり、その経験から小説家として女性の愛と性を描くことに成功しています。しかし不倫に疲れ、51才で出家。

人間の汚い部分を自ら経験して知ってる、尼僧として説法ができるのかもしれません。そんな瀬戸内寂聴さんは近年、2010年88才の頃、腰の圧迫骨折で3年間寝たきり、2014年92才の頃、胆のうがんで闘病、2017年94才の頃、緊急入院で心臓と足のカテーテルという2回のバイパス手術、という、壮絶な闘病生活を経験しています。

治療後はEXILEのライブに行くなど元気すぎる95才ですね。

まとめ

今回は瀬戸内寂聴さんについてまとめました!最近はよくテレビで見るようになりましたよね!まだまだ元気そうなので長生きしてほしいですね!